濱本 大(アナリスト) | セカオピ ~将来設計にもセカンドオピニオンを~

セカオピ

お客様に120%の
“安心”と“納得”を

資産形成に取り組む人を笑顔にしたい

   

アナリスト
濱本 大

   

濱本 大

大学卒業後、東証一部上場IT企業にて営業として勤務するも、長い拘束時間が原因で心身共に疲弊し、自身で資産形成をしていく必要性を実感する。
その後、不動産投資に興味を持ち、友人の紹介でセカオピのカウンセリングを顧客として利用。そのまま不動産物件を2件購入し本格的な資産形成を開始するが、その時の経験から不動産投資業界の情報格差を実感。親友が適正価格とかけ離れた価格で不動産物件を購入してしまうなど、改めて業界の情報格差に課題感を持つ。
日に日に想いが強くなっていく中、セカオピの「資産形成で泣く人をゼロにしたい」というサービス理念に共感を強めていき、2018年に株式会社ノークリーにジョイン。不動産業界の健全化を目指し、カウンセリングやセミナー講師など、精力的に活動している。

不動産投資や資産形成で大切なポイントは、何だと思いますか?

それは、資産形成の目的を明確にすることだと思います。目的を明確にしないと、そもそも成功、失敗の判断がしづらいのが投資であり、資産形成です。

特に不動産投資に関しては、目的が曖昧なまま決断をしてしまい、「なんとなく思っていたのと違った」「やらなければよかった」と後悔するケースが少なくありません。
だからこそ、セカオピをご利用されるお客様には、カウセリングの中で目的を明確にしていくコミュニケーションを心がけています。
「何のために資産形成をするのか?」「どういった状況を避けたいのか?」「どういう状態になったら成功と言えるのか?」を、一緒に深堀りしていくことによって、買った後に「こんなはずじゃなかった」という状態を回避することができます。

なぜ、資産形成に取り組む必要があると思いますか?

個人的には、人生の「今この時」を全力で楽しむためだと思っています。昨今、ニュースやテレビで「人生100年時代」「老後2,000万円が足りない」というふうに言われています。

本当に2,000万円で老後に安心できるかはさておき、なにもしなければ老後に資産が底を尽きてしまったり、突発的な出費に対応できなくなってしまう可能性は高いです。

ですが、多くの方が日々の忙しさなどから、その問題から目を背けてしまっている現状があります。

お金の不安と向き合い続けながら生きるのではなく、資産形成という小さな一歩を踏み出し、解決に取り組みながら人生を生きることで、未来の不安に怯えることなく、今に100%集中することができると思います。

セカオピを利用しようと思っている方へメッセージをお願いします。

資産形成を始めよう!と思い立った瞬間、どんな気持ちが湧いてきますか?

おそらく、初心者の方であればあるほど、「誰に話を聞いたら良いの?」とか「騙されたりしないかな?」という漠然とした不安を感じたり、身構えてしまう方が多いのではないかと思います。

もちろん、ある程度ご自身で情報収集をされている方も「失敗したくない」という想いは一緒だと思います。

ただ、それはみなさん同じでいらっしゃいます。はじめから確信を持って進める方は多くありません。

セカオピでは、毎月150名以上の方が資産形成や不動産投資の相談に訪れます。様々な事例やデータが蓄積していますから、エビデンスベースであなたの資産形成の相談に乗ることができます。

ぜひ、業界初のセカンドオピニオンサービスを利用していただき、一緒に人生の不安を取り除いていければと思います。