久光 日向(アナリスト) | セカオピ ~将来設計にもセカンドオピニオンを~

セカオピ

しあわせな日々に向かう
準備をしませんか?

今という時間を有効に使い、
将来、今よりもさらにしあわせになるためのお手伝いを致します。

アナリスト
久光 日向

   

久光 日向

セカオピ史上2人目の女性アドバイザー。カウンセリングでは相手の話に耳を傾けて聞くことを重視し、相手のニーズや疑問を的確に理解する力に定評がある。また、相手に合わせた臨機応変なコミュニケーションで、相談者様がリラックスして何でも相談できる雰囲気・環境作りも得意。
1人でも多くの方の資産形成をサポートし、将来をしあわせに過ごせる人を増やすため日々活動中。小学校から大学までサッカーをしており、中学時代には日本選抜として選出経験あり。

自身のアドバイザーとしての強みはどんなところにあると思いますか?

相談者様が話しやすい環境や雰囲気を作ることです。相談者様の立場からすると、相手がいくらプロとは言え、資産形成の悩みを初対面の相手に打ち明けるには心理的なバリアや抵抗がやっぱりあります。

ただ、アドバイザーとしては、相談者様の目的やビジョンを深く理解して初めて、その方にあった最適な資産形成の提案ができます。

ですので、相談者様が話しやすい雰囲気を作り、「何でも相談して大丈夫なんだ」と思っていただける環境を作ることを常に意識しています。

セカオピアドバイザーとして、どんなところにやりがいを感じていますか?

やはり、相談者様からの「感謝の言葉」を頂いた時にやりがいを感じます。

元々、人と接することが好きで、目の前の人がどんな悩みがあるのか?ということに関心を持つタイプでした。「相手がどんな悩みを持っているのか?」というところには敏感に気づいたり、何とかして解決したい!という想いが自然と湧いてきます。

そういった性格もあり、資産形成のカウンセリングでもふとした瞬間にいただける「感謝の言葉」が、一番のやりがいになっています。

セカオピを利用しようと思っている方へメッセージをお願いします。

実は私もノークリーに入るまでは、資産形成にはほとんど無関心で、知識もありませんでした。

金融や投資という分野が難しそうで食わず嫌いしていた面もありますが、今考えると資産形成の知識って意外とシンプルです。

投資や資産形成に苦手意識があり、なかなか始められない方こそ、セカオピを利用いただきたいと思います。

難しそうな話もできるだけシンプルに、わかりやすくお話をさせていただきます。