CASE 1 : 売買に関するご質問

不動産投資に興味あるのですが、
何をどう始めればいいのですか?
(30代 会社員)

カウンセラーの回答

不動産投資の最初の一歩は、「どのような物件をどこの不動産会社から買うか」よりも、まずはマクロな視点から不動産投資という選択肢の「メリット」と「デメリット」を両方知る必要があります。そして、その後にご自分の不動産投資を行う「目的」を明確化しましょう。例えば、大別すると短期的な売買によるキャピタルゲインを得ることが目的なのか、それとも長期保有することでインカムゲイン(家賃収入)を得て、資産形成することが目的なのか。それによって、新築か中古か、区分か一棟か、フルローンか否か等、買う物件も買い方も異なってきます。何も情報がないまま情報の渦に飲み込まれて、いつのまにか買うこと自体が目的化してしまわないよう、合理的な購入プランを一緒に検討していきましょう。

CASE 2 : 管理に関するご質問

今の管理会社と全然相性が合わず、
管理会社を変えたいのですが…
(50代 不動産オーナー)

カウンセラーの回答

売買を専門とする不動産会社同様、管理会社も企業によって得意不得意があります。オーナーさんのために親身になって客付や管理をしてくれる企業さんもいれば、非協力的な企業さんが存在する事も事実です。ですので、物件の運営状況が今より悪化しないうちに管理会社の変更をお勧めします。弊社は、信頼と実績のある管理会社さんと幾つも提携しておりますので、お客様の運営状況をしっかりとヒアリングした上で、相性の良い管理会社さんをご紹介させていただきます。

CASE 3 : 鑑定に関するご質問

今私が所有している
不動産の価値を知りたいです。
(60代 男性)

カウンセラーの回答

現在所有されている不動産物件の査定をご希望ですね。弊社でしたら、通常20万円ほどかかるプロの不動産鑑定士の査定を10分の1以下の価格で受けることが可能です。巷には無料で査定をしてくれる不動産会社もありましが、実は無料で査定しているのは鑑定士の資格がないからだという事実をぜひ知っておいて下さい。弊社ならプロの不動産鑑定士による鑑定が可能ですので、安心して実勢価格を知ることができます。

CASE 4 : 相続に関するご質問

親族が急に亡くなり、遺産相続をしなくてはならなくなりました。不動産の相続はどうやるのでしょうか?
(40代 主婦)

カウンセラーの回答

遺産分割協議はお済みでしょうか?相続人間でどのように遺産を分割するか、必ず書面に残しておきましょう。不動産の名義変更(相続登記)や、相続税の申告・納付の際に必要になりますし、もちろん相続人間のトラブル予防にもなります。また、こういった事務手続きを行う際、遺言書は貴重な必要書類となりますので大事に保管しておいて下さい。

ちなみに不動産を相続した後に、売却をしたり賃貸物件として貸し出す予定はございますか?
只今お伝えした「相続登記」を行い、不動産の所有権をご自身に移しておかなければ、登記簿上の情報が優先されて、売却も賃貸運営もできませんので十分にご注意下さい。早急に相続の段取りを進めていきたいということでしたら、弊社と提携している相続診断士をご紹介いたしますので、ぜひご検討下さい。

CASE 5 : 物件に関するご質問

年金代わりに区分の購入を検討しているのですが、今検討中のこの物件は買いでしょうか?
(20代後半 会社員)

カウンセラーの回答

弊社として、投資用の物件が「買い」かどうか判断させていただくために、まずはいくつかヒアリングをさせていただきたいチェックポイントがございます。
例えば、

 ・立地…立地に長期的な将来性があるかどうか。
 ・建物自体の価値…10年後も住みたいと思える物件かどうか(機能性、デザイン性等)。
 ・価格の妥当性…立地や建物自体の価値を加味して、物件価格が相場から離れすぎていないか。
 ・銀行の金利の妥当性…銀行との金利交渉の余地が残っていないか。
 ・仲介している不動産会社の評判…販売後のフォロー体制や業界の評判はどうか。
 ・その他
  ・中古の場合、現在の住居者の属性…住居者が物件価値を下げていないかどうか。
  ・中古の場合、管理会社の管理能力…販売と管理が別々の場合、管理会社の管理能力の是非。

等々、細かな情報を一つ一つヒアリングさせていただいた上で、判断させていただきます。
慎重に精査をしていきましょう。