つい「ポチっ」としていませんか?その行為、実はかなり危険です。
a
無料カウンセリングに申し込む
【対象】年収500万円以上・勤続1年以上

不良物件の確率が高い

相場より高額な物件を紹介される

過去のお客さんに嫌われている可能性アリ

では、全国に10万社以上ある不動産会社の中から
どうすれば優秀な会社を見つけられるのか?
どうすれば、あなたに合った不動産会社を見つけられるのか?

それを探すお手伝いをするのが、不動産業界の新常識、不動産投資カウンセリングの役目なんです。
無料カウンセリングに申し込む
【対象】年収500万円以上・勤続1年以上
将来の為に、ちゃんと蓄えが欲しい。でも…

そんな方に不動産カウンセリングが
お勧めしているのが「区分マンション投資」です。

今さら聞けない!区分マンション投資って?

区分マンション投資は、一棟丸ごとではなく、区分単位で購入する不動産投資の事です。

自己負担ゼロ
区分マンションの場合、物件価格を抑えられるため、銀行からの融資を引けば自己負担ゼロで購入する事も可能です。
生命保険代わり
団体信用保険に入れば、区分マンション投資は生命保険代わりになります。債権者の身に万が一の事があった時、残りの債権を帳消しにしてくれるのです。「資産+収入源(家賃収入)」を親族に残すことができるのです。
無理なく資産形成が可能
35年間毎月1万円を貯金すると、420万円が貯まります。一方、区分マンション投資なら、月々同じ1万円の手出しでも、35年後には1千万円以上の資産形成が実現可能です。

空室の心配は無用
サブリースというサービスを使えば、空室の心配は無用です。万が一空室になってしまった場合、管理会社が家賃を補填してくれるからです。多少の手数料はかかりますが、その代わりに支払額が35年間ずっと固定になります。
他人のお金で資産形成
社会的信用を活用して銀行から融資を引き出し、他人のお金(家賃収入)で返済をしていくので、効率的な資産形成が可能です。
経済的自由の獲得
複数物件の購入が可能なら、老後資金対策の枠を超え、経済的自由の獲得を目指す手段としても有効です。仮に貯金額がゼロという方でも、複数物件の取得は不可能ではありません。

注意!不動産会社も、銀行も、あなたの味方ではありません。
一つの不動産購入において、関係者で分配できる利益には限界があります。

不動産オーナーのキャパシティ

不動産会社営業マンが隠している本音を暴露

不動産会社に8年勤めていました。元営業マンです。
これは業界では有名な話ですが、投資用の不動産物件は9割が購入した瞬間に損失になると言われています。

購入した瞬間に借金を背負うような不良物件をまさか堂々と売るわけがない、と思われるかもしれませんが、実際、仲介料や広告費ほしさに不良物件を扱う不動産会社は腐るほどあります。

・間に入って利益を抜く為に、相場よりも大幅に高い価格設定にしたり
・相場より高い価格でもお客が納得するようなストーリーを組んだり
・固定資産税を加味せずに、利回り表を作成して、利益が出るように見せたり
・修繕が必要である可能性を一切伝えていなかったり
・後々家賃が下がってしまい、オーナーの負担が増えてしまったり
・「想定家賃」という根拠のない数字を見せたり

等々、あたかも「お得な物件」に見えるようにして売っているのです。
中でも最悪なのが、相場よりも大幅に高い価格で購入してしまった場合です。
どれだけの惨劇が待っているのかお伝えする為に、以下の図をご覧下さい。


相場価格よりも大幅に高い価格で購入した場合の資産価値の推移

本来、相場が2500万円の物件を3500万円で買わされた場合、10年後に売り抜けようと思っても、相場とのギャップが埋まらず、「1000万円を払わないと物件の購入してもらえない」という最悪の状況になってしまうのです。

当然、相場よりも高い価格で買ってしまった場合、月々の手出しの負担も大きくなるので、「少ない手出しで資産形成できる」という不動産投資の醍醐味がなくなってしまいます。
毎月の支払いが厳しくても売却する事ができず、35年間毎月何万円も払い続けて、35年後には相場より1000万円目減りした資産しか残らないのです。

元営業マンの自分が言うのもおかしな話ですが、どうやって「購入価格」と「相場価格」とのギャップを埋められるか?

この戦略の部分が、負けない不動産投資をする上でキモになります。
不動産会社は本当にピンキリですので、パートナー選びは本当に慎重にやる事をお勧めします。

銀行マンが隠している本音を暴露

私は某メガバンクの窓口で融資係として働いておりました。
現役を退いてからはもう5年ほどで、現在は全く部類の違う金融機関で管理職として勤務しています。正直、うちの会社は大口のお客様が多かったので、個人への融資って優先度低めだったんですよね。

ただ、少しでも金利を高く設定したいのは当然なので、オーナーさんとの交渉で金利を決めていく時は、完全に足元を見るような感じで攻めていきます。お金を貸す側ですから、当たり前なんですけど。

オーナーさんとしては金利を低くしたい。でも貸してもらう手前あまり強くは主張できない。そもそも融資が降りなければ不動産を買えないわけですから、どうしても立場が弱いわけです。貸す側の私たちもそれを知っているので、やらしくそこをついていく。オーナーさんの足元を見る事になります。そういう風に交渉しろという教育もありますし。

例えば、「金利を0.1%低くする代わりに、この投資信託も買ってくれませんかね?」という提案をしたりもします。言っちゃなんですが、購入した人がほとんど元本割れしているようなひどい商品ばかりですよ。でも売らなきゃならん。我々にもノルマがあるので、言い方は悪いですが、融資をして欲しい個人様というのは、飛んで火にいる夏の虫なんです。

あと、不勉強なオーナーさんは、こちらが最初に提示した金利で一発OKを出す事もあります。相場を知らないので、「他の銀行に行っても、これ以上金利は下げてくれませんよ」とか言うと、納得しちゃう。融資が降りないより、よほどマシですから。

結局、不動産会社や銀行に行く前が一番重要なんです。

もちろん中には良心的な不動産会社や銀行もあります。
ありますが、国内に10万社以上ある不動産会社からそういう優良企業を探しだすのはかなり大変ですし、何より選ぶ基準がわかりません。

「悪質な不動産会社ってどうやって見分ければいいの?」
「逆に協力的な不動産会社ってどこにいるの?」
「銀行との金利交渉ってどうやるの?」
「何をどうすればいいのかわからないし、勉強する時間もありません」

というのが、大多数の方の本音でしょう。そこで活用していただきたいのが、

『不動産投資カウンセリング』です。

カウンセラーは全員、区分マンションの現役オーナーです。
また、カウンセラーの中には、資産運用や金融全般に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)も数多く在籍しています。さらに、過半数が現役の会社員ですので、相談者である会社員の方と同じ目線に立って、マンツーマンでアドバイスができます。

不動産投資カウンセリング
正しい知識と戦略を立て「利益の最大化」を目指す

『不動産投資カウンセリング』が選ばれている3つの理由

理由01
カウンセラーは全員、区分マンション投資で成功している

当サービスでカウンセリングを担当する人間は全員もれなく、区分マンション投資で結果を出しています。不動産投資を始める人の9割が失敗している中、成功した1割の中からさらに厳正な審査をし、選び抜かれたエキスパートだけをカウンセラーとしてご紹介します。

理由02
同じ目線に立って
相談に乗ってもらえる

カウンセラーは全員区分マンション投資で成功経験があるだけでなく、そのほとんどが現役会社員です。中には、資産運用の専門家であるFP(ファイナルシャルプランナー)の資格も持つ者も多く、純粋に「会社員の資産運用」という観点からアドバイスをする事が可能です。

理由03
売り込み行為が
一切ない

当サービスは不動産を販売する事を目的としたものではありません。あくまでも、不動産投資で悩みや相談がある方のご相談に乗り、問題を解消する事を目的としています。そのため直接的な不動産物件の売り込み行為は一切ありません。(その為、宅地建物取引士の免許もありません)

あくまでも第三者的な立場を守りながら、物件の決め方や不動産会社の探し方など、
相談者の皆様の状況や条件に合わせた完全個別のプランをご提案いたします。


さらに!当サービスを利用した先輩オーナーから直接経験談を聞く事もできます!

ご希望であれば、『不動産投資カウンセリング』での相談をきっかけに不動産投資を始めた現役不動産オーナーの方とお話しをする事も可能です。今どんな人が住んでいるのか、家賃設定はいくらくらいにしているのか、利回りや税金周り、経費の事など、不安な点や疑問点をバンバンぶつけて下さい。
先輩オーナーの経験談は、これから不動産投資をする上で間違いなく一番の参考材料になるはずです。

不動産投資カウンセリングはこんな人にお勧めです!
  • 不動産投資に興味があるけど、自分で勉強する時間がない、という方
  • どんなリスクがあるのか一つずつ具体的に説明して欲しい、という方
  • 不動産を持つタイミングはいつがいいのかを知りたい、という方
  • 不動産投資をするならどの地域が良いのか知りたい、という方
  • 不動産投資について聞きたいけど、電話営業が嫌なので個別でじっくり相談したい、という方
  • 不動産会社に行ったら、売り込まれてうまく丸め込まれそうなので、第三者的な立場でアドバイスが欲しい、という方

一つでも当てはまる方は、以下の手順に従ってお申込み下さい。

『不動産投資カウンセリング』申し込み手順
無料カウンセリングに申し込む
【対象】年収500万円以上・勤続1年以上
私たち、会社員やりながら普通に不動産オーナーやってます!
実績者1人目/K・Mさん
「子どもの将来の事を考えると、労働収入だけに依存してる今の状態が不安で不安で仕方ないんです。」

「なんで借金をしてまで不動産を買うんだろう?」これは私が長年ずっと持っていた不動産投資への考え方です。でもある時を境に考えが180度変わったんです。

それは、子どもができた時です。

独身時代は自分の事だけ考えていればよかったのですが、家庭を持つとそうはいきません。子どもの教育費にかかる額ってだいたい予想がつきますよね。それを考慮すると、今の会社で働き続けても出せないわけではないのですが、正直自転車操業になってしまうのは避けられません。労働収入だけに依存してる今の状態が不安で不安で仕方ないんです。

お給料やボーナスを貯めては減り、貯めては減り、というサイクルを繰り返すのは精神衛生上よくありません。このままいったら本当に老後破産か、定年後もバイト生活をしないといけないのでは?と本気で考えました。

そんな時に不動産投資をしている友人にじっくり話を聞く機会があったんです。

続きを読む

不動産を持つようになった今だから言えるのですが、現金ではなく、現物で資産を持つってかなり大事です。だって、お金って価値が変動するわけですよ。特に今日本はハイパーインフレですので、資産をお金だけに集中させておくと、資産価値はどんどん目減りしていきます。じゃあ不動産はどうかというと、もちろん都度修繕等は必要ですが、基本的に価値は変わらないんです。自分の資産の一部を現物に変えておくというのは、そういう意味があります。

ひと昔、私たちの親世代は無理に不動産なんてもたなくてもよかったかもしれません。銀行預金の金利だって高い時は年利20%くらいあったんですから。でも今はほぼゼロ。銀行に運用益を期待できない以上、自分たちで工夫して、別の運用方法によって利益を出していくしかないですよね。その選択肢の一つが不動産です。

株取り引きやFXという選択肢もあるかもしれませんが、軽くかじった人間から言わせてもらうと、あれはプロになる気がないならやってはダメです。片手間で結果が出るのはごく一部のセンスのある人だけですから。

不動産って、もし空室になったらどうするの?と心配する人もいるかもしれませんが、今は「サブリース(家賃保証の制度)」とかありますので心配はいりません。事故や病気で万が一の事があれば、団信でローン返済は帳消しになりますし。『不動産投資カウンセリング』では、担当者の方がこういうリスクヘッジの部分もアドバイスをくれるので、非常に助かります。もし周りに相談できる人間がいないのなら、ぜひ面談を受けてみたらいいと思います。

実績者2人目/Sさん
「私にとって不動産投資は保険代わりであり、老後の資金作りです」

私は今、都内品川区の1ルームを所有しています。きっかけはずばり結婚でした。世帯を持つという実感が湧いてくると同時に、労働収入だけだと不安だなと思ったんです。なので、保険代わりであり、老後の資金作りという感じです。

価値が下がりにくそうな物件だったので、何かあった時はキャピタル狙いもできるなと思い、今の物件に決めました。結果だけお伝えするのは簡単ですが、この物件を見つけるのはなかなか苦労しました。不動産の経験なんて当然なかったので、色んな不動産関連のセミナーに足を運んだり、書籍を購入してみたり、不動産会社も全部で50社ほど回ったと思います。

いろいろ時間やお金を使って調べた結果、結局どうしたらいいのかわからなくなり、やっぱり辞めようかなと考えている時に、『不動産投資カウンセリング』を知りました。面談では、今まで独自で調べてきた事が一つ一つ整理されていくのが、かなり気持ちよかったです(笑)

続きを読む

面談をした結果、最終的に当時の私は一棟ものよりも区分の方があっている事がわかり、区分を購入しました。現在2年目で、月々のキャッシュフローはマイナス5000円程度に落ち着いています。わずか月5千円の出費で老後の安定収入を作れるんですから、結構美味しいと思います。

言い方は悪いかもしれませんが、他人にローンの大部分を払ってもらいながら資産構築ができるというのは、不動産投資ならではの魅力ですね。

実績者3人目/独身女性O・Sさん
「このカウンセリングは、石橋を叩いて渡るタイプの私にぴったりのサービスでした」

12年間、看護師をやっています。それなりにお給料はもらっていますが、今は外科に勤めているので、夜勤や当直など生活リズムは完全に崩壊していると言っていいです。そのため、買い物でストレス発散する暇もなく、休みはほぼ1日中寝て過ごしていて、貯金だけはいっちょまえに溜まり続けています。

貯金ができるほどいただいているのは恵まれていると思いますが、そうは言っても、生涯賃金と生涯経費のギャップが埋まるわけではありません。シングルマザーなので、子供が自立するまで働くとしても、あと10年は今の収入を維持しないといけません。ただ、体が持たなくなった時に、現在のように労働収入一本だけの生活ではあまりに綱渡りです。

そういう状況だったので、家賃収入のように労働以外で入ってくる収入源は喉から手が出るほど欲しいと思っていました。ただ不動産投資はもっと初期費用がかかると思っていたので、これほど少ない手出しでローンを組めてしまうとはかなりびっくりでした。今の一つ目の物件で要領を得ながら、3年以内にはもう一軒くらい持ちたいと考えています。

続きを読む

何事も石橋を叩いてわたるタイプの私にとって、家賃保証や物件の安さは魅力であると同時に
「なぜ?」と勘ぐる事もありましたが、担当者の方が丁寧に説明してくださり、納得できました。『不動産投資カウンセリング』の方は皆さんすごく好感の持てる方ばかりです。会社の都合ではなく、本当にこちらの身になって適切な提案をしてくれるので、かなり信頼しています。あなたももし不動産投資を検討しているなら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

物件購入時、ローンを組むためにはどれくらいの自己資金が必要ですか?
一概には言えないですが、一つの目安として、物件価格の5%程度の頭金が必要です。また、それとは別に諸経費がかかりますので、別途約50万円程の費用が必要になります。
[補足]ローンを組む場合は、当事者の借入状況、年収などにより条件が異なってきます。そのため『不動産投資カウンセリング』では、当事者の方に合った、効果的なローンの組み方等もアドバイスさせていただいています。
自宅のローンが完済していない状況で、投資用のローンを組む事は可能ですか?
ご自宅のローンが完済していない状況だとしても、投資用のローンを組む事はできます。
ただし、借入状況や年収、勤務先や信用情報などの諸条件により、融資の可否、融資金額等が決められます。もちろん、こういった事に関しても窓口でご相談が可能ですので、お気軽にご質問ください。
私は自営業なんですが、銀行からの融資は難しいですか?
自営業の方がローンを組む場合は、事業の収支状況を加味した上で審査されます。そのため、状況に応じて自己資金額(見せ金)の条件が出ることもあります。
私は現時点で既に住宅ローンを組んでいるので、団体信用生命保険に加入しています。そういった状況でも、不動産投資として購入したマンションで団信に加入可能ですか?
可能です。投資用物件でも、住居用の物件でも、あるいは複数の投資用物件を所有する場合でも、物件ごとに団体信用生命保険に加入する事ができます。
新築と中古だと、どちらの物件が良いですか?
新築は最初は有利です。内装も綺麗ですし、設備もしっかりしているので、人が入りやすいです。また、数年はメンテナンス費用の不安がないのも特徴です。ただその分価格はもちろん高くなります。中古はメンテナンス等の不安はありますが、新築より低コストで、すでに完成しているため、すぐに賃貸経営を開始できます。
物件選びの際の注意点を教えて欲しいです。
細かい事を言えば、注意点は数え切れないほどあります。
価格、地域性、立地、そもそも賃貸のニーズがあるかどうおか、建物の状態・間取りや設備はどうかなどあらゆる角度から検討すべきです。目標や資金力によっても戦略が変わってくるので、やはりそういう意味でも個別面談は有効かと思います。
自分が住んでいる所から遠い、遠隔地の物件を買っても大丈夫ですか?
もちろん、購入候補のエリアを広げれば選択肢は増えるので、そういったメリットはあります。ただし、銀行からの融資を受ける場合、エリアによっては融資を引っ張りにくいところもあるので注意が必要です。自分で頻繁に物件を見に行くことができないので、パートナーとなる不動産会社選びも重要になります。
「こういう物件は買っちゃダメ!」という物件はありますか?
あります。正直に言いますと、買ってはいけない物件の方が圧倒的に多いです。賃貸のニーズがなく空室リスクの高い物件、地震などの災害リスクが高い物件、などですね。不動産会社の半分以上は、そういう質の悪い物件でも良い物件かのように見せて販売してたりします。ですので、しっかりと事前に調査をする事が重要です。
不動産投資にはどういったリスクがありますか?
一番心配すべきリスクは「空室」です。空室が続けば家賃収入が途絶え、赤字経営になってしまいます。他には修繕や災害、家賃滞納や入居者間のトラブルなどのリスクもあります。ただ、解決策として、管理会社に委託したり、家賃保証会社を活用するといった方法もあります。
無料カウンセリングに申し込む
【対象】年収500万円以上・勤続1年以上