サービスについて | セカオピ ~将来設計にもセカンドオピニオンを~

セカオピ

サービスについて
サービスコンセプト

専門性の高いファイナンシャルプランナーが、
あなたのスタンス(方針)、ステータス(属性)、ビジョン(目的)という観点からヒアリングをし、
第3者的な立場から資産形成の最適なソリューションを提供します。

セカオピの強み

営業行為は一切なし、安心して資産形成の相談ができる

セカオピでは、不動産や各種金融商品の販売に必要な免許をあえて取得していないため、セールスや営業行為、電話による勧誘などが一切できません。商品を売るための営業マンではなく、お客様の資産形成をサポートする専任アドバイザーがカウンセリングを行うため、安心して資産形成のご相談をいただけます。

夢や目標から逆算された資産形成ができる

弊社は自社で物件や商品を持たないため、営業目的のカウンセリングや提案は一切いたしません。業者が「売りたいもの」ではなく、お客様の人生の目的や夢の実現にとって必要なアセットソリューションの選定をサポートをいたします。

累計相談件数4,000件以上のデータ量を活かし、失敗しない資産形成をサポート

年間1,200件を超える豊富な資産形成のサポート実績により、各種資産運用や不動産投資に関する膨大なデータを蓄積しております。不動産投資であれば、物件の価格情報や不動産会社の販売実績等のデータを駆使し、エビデンスに基づいたご提案やアドバイスを提供いたします。

専門性の高いファイナンシャルプランナーに資産形成全般の相談が可能

CFP®を始めとする専門性の高いファイナンシャルプランナーが在籍しており、収入や支出、資産の見える化、ローン、保険の見直しなどの幅広いご相談が可能です。また、必要に応じてあなた専用の「家計リスクシミュレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化、機会の最大化を図ります。

幅広いアセットソリューションに対応し、資産形成を一気通貫でフォロー

不動産投資を軸に太陽光投資などの現物資産、株式投資や投資信託、ファンドなど、各種投資手段についてのアドバイスも可能です。各種投資手段の詳細や比較、選定サポートもさせていただきます。

カウンセリング事例

不動産投資を検討しているのですが、まず何から始めたら良いですか?

(30代男性)
アドバイザーの回答
セカオピでは、まずは不動産投資や資産形成を行う目的を明確に決めることが重要だと考えています。なぜなら、何のために不動産投資をするか?が明確でないと、不動産会社や物件選定の判断基準が明確にできないからです。判断基準がないまま、なんとなく物件を購入してしまい、結果として「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違う」と後悔する方が少なからずいらっしゃいます。
そうならないためにも、まずは自分のスタンス(方針)やビジョン(目的)を明確化し、そこから逆算した物件選定の軸を作っていくことが先決となります。スタンスやビジョンの明確化は、セカオピのカウンセリングでまず最初に行いますので、一緒に考えていきましょう。

新築と中古で迷っているのですが、どちらの方が良いでしょうか?

(20代 女性)
アドバイザーの回答
どちらにもメリット、デメリットがあります。相談者様がどのようなスタンス(方針)で、不動産投資を行っていくのか?また、どのようなビジョン(目的)を持っているのか?によって、選ぶべき物件は変わってきます。ですので、カウンセリングではまずは、相談者様が何のために不動産投資をするか?という目的を明確にしていきましょう。
その後、新築・中古のメリットとデメリットを整理していきましょう。ある程度大枠が明らかになっていくことで、「新築」「中古」の判断軸も、自分の中で明確になっていきます。

不動産会社に個別面談に行っているのですが、「こういう不動産会社や物件は要注意!」という基準はありますか?

(20代 男性)
アドバイザーの回答
はい、ございます。不動産業界はまだまだ不透明な部分が多く、購入を避けるべき不動産会社や物件は数多く存在する、というのが実情です。例としていくつか紹介します。

・サブリースを執拗に勧めてくる
・個別面談中にこちらが開示を要求した書類を見せてくれない
・提案された物件の価格が市場価格とかけ離れている
・家賃が高く設定されている

上記はほんの一部ですが、最低限チェックするべきポイントになります。1人では判断がつかない項目もあるので要注意です。

不動産会社から物件の提案を受けています。この物件が買いかどうか、査定をできますか?

(30代 女性)
アドバイザーの回答
はい、可能です。事前に物件資料をお送りいただければ、個別相談でその物件についての評価や査定結果をお伝えすることができます。

不動産投資においては、適正な市場価格で物件を購入するということが非常に大切なのですが、提案された物件が適正価格なのか?また、適正価格からどれくらい乖離しているのか?は、不動産の目利き力や経験値がないと判断がつきません。

ここは不動産投資において肝の部分になりますので、検討されている物件があれば物件資料をお持ち込みください。

まずはお気軽にお問い合わせください。