楽天銀行スーパーローンはやばい?申込みだけのデメリットや審査落ちの理由を解説

楽天銀行スーパーローンを検討中の方で「楽天銀行スーパーローンはやばい」「申し込みだけはデメリットがある?」などの口コミを見て、不安になっている方もいるのではないでしょうか。

 

ネガティブな評判があると利用を躊躇してしまいますよね。

 

結論からお伝えすれば、銀行カードローンはやばくはありません。ただ、「即日融資不可」などいくつかデメリットがあります。

 

本記事では、楽天銀行スーパーローンのやばいと言われるデメリット・審査に落ちる人、向いていない人の特徴などを紹介します。

【迷ったらこの3社も検討!即日融資可能な優良消費者金融】

審査時間 上限金額 実質年利
アイフル 最短25で融資可能。 800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 10秒簡易審査 800万円 3.0%~18.0%
アコム 3秒スピード診断 800万円 3.0%~18.0%

楽天銀行スーパーローンがやばいと言われるデメリット

はじめに、楽天銀行スーパーローンがやばいと言われている理由について解説します。無計画に使うと信用情報に傷がつく

 

楽天銀行スーパーローンに限らず、消費者金融は個人の信用情報を共有しています。

 

信用情報とは、クレジットカードやローンの契約内容、返済状況といった個人の信用取引に関する情報のことです。

 

消費者金融が信用情報を確認することで、利用者がローンを契約したことがあるのか、返済状況はどうなっているのかなどを把握することができます。

 

返済遅延や債務弁済をした場合も信用情報に記録が残ります。このようにローンの審査に悪影響を及ぼす記録がされたことを、信用情報に傷がつくといいます。

 

信用情報に傷がつかないためには、計画的に返済することが大切です。

 

カードの受取が郵送のみ

 

楽天銀行スーパーローンは、カードの受取が郵送のみになっている点に注意が必要です。

 

家族と一緒に住んでいる場合、家族にローンを組んでいることを知られたくないという人も多いですよね。

 

しかしカードが郵送されると、家族にバレる可能性があります。

 

郵送物による親バレを防ぎたい場合は、「三井住友カードローン」など、郵送物なしで契約できる銀行をおすすめします。

 

三井住友カードローンは、口座の有無にかかわらず三井住友銀行内のローン契約機でカードを受け取ることができます。

 

三井住友カードローンはこちらから

 

即日融資が不可

 

お金を借りるときには、なるべくすぐに借りたいという人も多いはず。しかし、楽天銀行スーパーローンは即日融資が不可になっています。融資実行まで最短でも2〜3日必要です。

 

今すぐにお金が借りたいという人には向いていません。とはいえ、利用がやばいというほどのデメリットではないでしょう。

 

【関連記事】

即日融資おすすめカードローン 5選!即日融資できないケースは?

 

年齢制限が62歳以下

一般的な消費者金融は、年齢の上限を69歳に定めていることが多いです。

 

しかし楽天銀行スーパーローンは融資を受けられる年齢が20歳から62歳までと、他社よりも融資を受けられる対象が狭いのが特徴です。

 

更にパートやアルバイト、専業主婦の場合は更に年齢の上限が低くなり、60歳までしか融資を受けることができません。他社とは年齢制限が異なることを知っておく必要があります。

 

楽天銀行スーパーローン使わず申し込みだけはデメリットある?

楽天銀行スーパーローンを使わず、申し込みだけすることにデメリットはありません。

入会金や年会費無料ですから、お金を支払う必要もありませんし、カードローンを契約しただけでは信用情報に傷がつくこともありません。

 

しかし住宅ローンを組みたい場合には影響が出る可能性があります。

 

住宅ローンの審査は、使用していないカードローンの上限枠まで「借入額」としてみられる恐れがあるからです。

とはいえ、必ずしも住宅ローンの審査が通らないわけではないため、過剰に心配をする必要はありません。

 

【関連記事】

楽天銀行スーパーローンは申し込みだけでデメリットはあるのか?審査の難易度や基準についても解説

 

楽天銀行スーパーローンは審査が厳しくてやばい?

 

楽天銀行スーパーローンの審査は甘くはありません。銀行カードローンはそもそも低金利ですから、審査が厳しくなっています。その理由は、低金利がゆえに銀行側の利益が少なく、万が一貸倒になると、損失が大きくなるからです。

 

また、2017年に過剰貸付による多重債務者の増加で、金融庁から指導が入り審査を厳格化しています。返済能力があるか厳しく調査しますので、審査の甘いカードローンはありません。

 

続いて、楽天銀行スーパーローンの申込基準について解説します。

 

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件

 

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件で注意すべき点は主に2つです。

 

1つめは、先述したとおり年齢が満20歳から62歳までになっていることです。パートやアルバイトは60歳までとなっています。

 

2つめは、本人又は配偶者に安定した収入があるという点です。融資を受けたお金は返済する必要があるため、収入があり、返済能力が高いかどうかが大切です。

 

【関連記事】

楽天銀行カードローンの審査甘い?デメリットは?審査に関する口コミ・評判まとめ

 

【迷ったらこの3社も検討!即日融資可能な優良消費者金融】

審査時間 上限金額 実質年利
アイフル 最短25で融資可能。 800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 10秒簡易審査 800万円 3.0%~18.0%
アコム 3秒スピード診断 800万円 3.0%~18.0%

楽天銀行スーパーローンに落ちる人の特徴

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる人の特徴を解説します。

信用情報に傷がある

 

他社のカードローンを利用して、返済が遅れたりすると、信用情報に傷が付きます。過去に金融事故(長期滞納や延滞)を起こしている方は、楽天銀行スーパーローンの審査が通りづらいため注意してください。

 

また、自己破産や代位弁済などを行っている場合も信用情報に記載されているため審査に落ちてしまいます。

 

過去に楽天カード株式会社と株式会社セディナでトラブルがあった

 

過去に楽天カード株式会社、または株式会社セディナと過去にトラブルの経験がある場合も、審査が通りづらくなります。

 

楽天カード株式会社と株式会社セディナは、楽天銀行スーパーローンの保証会社です。

 

楽天銀行スーパーローンの審査はこの2社によって行われるため、楽天カードやセディナカードを利用していてトラブルの経験がある人は、保証を受けることができず審査に落ちてしまいます。

 

他社の借入件数が多い

 

カードローンでは、他社の借入件数や借入額も審査項目となります。

何社以上借入があると審査に落ちるという明確な基準はありませんが、一般的には3社以上借入があると審査が通りづらくなります。

 

その理由は、総量規制に引っかかる可能性が高くなるためです。消費者金融で融資を受けられる金額は年収の3分の1までと法律(総量規制)によって定められています。

 

他社の借入件数が多くなればなるほど年収の3分の1の金額に達してしまうため、カードローンの融資を受けられなくなります。

 

勤続年数が短い

 

勤続年数が短いと、カードローンに落ちる可能性があります。特に勤続年数が1年未満の人は注意が必要です。

 

勤続年数が長いと給与も高くなりますし、安定した収入を得ていると判断され融資を受けやすくなりますが、1年未満だと将来性が見通すことが難しいため審査が厳しくなります。

楽天銀行スーパーローンに落ちた時の対処法

楽天銀行スーパーローンに落ちても融資を受けたい場合の対処法について解説します。

 

再申し込みまで6ヶ月あける

 

一度楽天銀行スーパーローンに落ちた後、再び楽天銀行スーパーローンに融資の申込みをしたい場合には、6ヶ月期間をあけて申し込みましょう。

 

6ヶ月間は、信用情報に申し込みした履歴が残り、過去審査に落ちたことがバレてしまいます。審査落ちの事実があるとあまり印象がよくないため、信用情報から消える6ヶ月後の申し込みがおすすめです。

 

信用情報が更新されるまで待つ

 

信用情報に傷がついて審査が通らない場合には、信用情報が更新されるまで待つことが必要です。

 

延滞や滞納などで信用情報に載った場合は、、一般的には完済してから5年〜10年で回復します。

 

この間は楽天銀行スーパーローンに限らず、どこの消費者金融に申込みをしても審査落ちするため注意してください。

 

大手消費者金融に申し込む

 

楽天スーパーローンの審査に落ちたら大手消費者金融に申し込むのがおすすめです。

 

消費者金融カードローンは利便性を重視しているため、銀行審査のように時間がかからずスムーズです。銀行審査に通過しない人でも融資実績が多数あります。

 

WEBから申込ができ、在籍確認の電話がないなど、審査スピードも早いため即日融資を期待できます。

 

楽天銀行スーパーローンに向いていない人におすすめなのはこの3社

楽天銀行スーパーローンは、カードが郵送となったり、即日融資が不可であると先述しました。家族にバレたくない人や即日融資をして欲しい人におすすめの消費者金融を紹介します。

 

アコム

 

アコムの魅力は、初めてカードローンを使う人でも安心のサポートが充実していると言う点です。

 

チャットで気軽に借り入れについて相談することもできますし、借り入れが可能かどうかをすぐに診断できる3秒スピード診断があるため、審査が通るか不安な人でも安心して利用できます。

 

更に審査が最短30分で分かるため、申込みから契約までの時間をかけなくていいのも魅力です。すぐにお金が必要な人でも安心して申し込むことができます。

 

実質年利 3.0%~18.0% 
借り入れ限度額 800万円
融資までの期間 最短即日融資(※) WEB申込なら最短30分
WEB完結 可能

 

アコムはこちらから

アイフル

 

アイフルは、WEB申込みであれば最短25分で融資が可能なため、すぐにお金が必要なときでも利用しやすいのがメリットです。全国のコンビニのATMで借り入れが可能なので、時間を気にすることなく融資を受けられます。

 

原則としてWEB完結なら自宅や勤務先への電話連絡がないのも魅力です。家族や勤務先にバレたくない人でも安心して利用することができます。

 

また、初めてアイフルを利用する人なら最大30日間利息0円なので、1ヶ月で返済が可能な人は返済額を減らすことができます。

 

実質年利 3.0%~18.0% 
借り入れ限度額 800万円
融資までの期間 最短即日融資(※) WEB申込なら最短25分
WEB完結 可能
申し込み可能年齢 20歳以上70歳未満

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アイフル詳細はこちら

SMBCモビット

 

SMBCモビットは来店不要で即日融資を受けられるのが特徴です。店頭窓口がなく、WEBまたはローン契約機を使って契約するため、営業時間内に来店するのが難しい人でもすぐに利用することができます。

 

WEB完結申込みだと在籍確認で職場への連絡がなく、郵送物もありません。家族にローンの利用をバレたくない人にもおすすめです。

 

更にTポイント利用サービスに申し込むことで、利息分のTポイントが貯まるのも魅力です。返済に使用することもできるので、実質支払う返済額を減らすことができます。

 

実質年利 3.0%~18.0% 
借り入れ限度額 800万円
融資までの期間 最短即日融資(※)
WEB完結 可能
申し込み可能年齢 20~69歳

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット詳細はこちらから

まとめ

本記事では、「楽天スーパーローンはやばいのか?」「持っているだけではデメリットになるのか?」などについて解説しました。楽天銀行スーパーローンはやばいカードローンではありません。

 

しかし、「即日融資不可」「カードの受け取りが郵送のみ」などのデメリットがあります。また、審査も大手消費者金融よりは厳しくなっていますので、スムーズな利用を希望している方は、消費者金融カードローンを検討してみましょう。

審査時間 上限金額 実質年利
アイフル 最短25で融資可能。 800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 10秒簡易審査 800万円 3.0%~18.0%
アコム 3秒スピード診断 800万円 3.0%~18.0%
おすすめの記事