おまとめローン低金利

「低金利のおまとめローンで審査に通りやすいところは?」

「絶対通るおまとめローンはどこ?」

おまとめローンを検討中の方でこのように思っている方は多いはず。

複数の借金を一本化するおまとめローンは、現在の借入先より金利が低いことが大前提。金利が高いとおまとめする意味がなくなりますから特に気になるところですよね。

とはいえ、金利の安さだけで選んでいいのか?一体どこに申し込んだらいいのか迷っている方もいるでしょう。

 

そこで本記事では、おまとめローン経験者の筆者が、低金利おまとめローンの銀行や消費者金融を比較し紹介していきます。

ネットだけで手続きが完結・全国どこからでも利用可能!! 最短10分現金をゲット!!

今すぐ現金が欲しい!でも、口座にお金がないし、借りることもできない……。

そんな方におすすめなのが、ペイチェン

※ご利用にはクレジットカードや後払いアプリ(利用可能枠)が必須です

後払いペイチェン
\審査なしで今すぐ現金をゲット!!/

低金利おまとめローン審査通りやすい銀行はどこ?

おまとめローンを利用するにあたって、「審査が甘い、通りやすいところに申し込みたい」と誰もが思うはず。しかし残念ながらそのような銀行はありません。

おまとめローンは借入金額が大きくなりますので、銀行審査はかなり慎重です。通常のカードローンでも審査が厳しいと言われる銀行が、おまとめローンではさらに厳しくチェックしますので、甘くはありません。

 

【おまとめローンの審査通過難易度】

中小消費者金融
大手消費者金融 ★★
地方銀行 ★★★
大手銀行 ★★★★
ろうきんや農協 ★★★★★

上記のように、銀行の審査難易度はかなり高くなっています。

一方で審査通過率が高いのは消費者金融のおまとめローンです。金利は高めですがその分利便性が良く、銀行審査に通らない人を対象としていますので間口が広めとなっています。

 

ローンは低金利であればあるほど、銀行側に利益が少なく、万が一債務者が返済できなくなると、大きな損失を被ります。

 

おまとめローンを利用する人はすでに多重債務の状態ですから、銀行側も返済能力を厳しく調査する必要があるのです。とはいえ、安定した収入があり信用情報に問題がなければ審査に通過する可能性は十分あります。

低金利のおまとめローン人気銀行&消費者金融比較

低金利のおまとめローン人気の銀行&消費者金融を一覧で紹介します。

銀行:返済専用おまとめローン

 

金利(年率) 貸付 返済期間最長
東京スター銀行 9.8%・12.5%・14.6% 最大1,000万円 10年
西日本シティ銀行 4.5%~15.0% 最大500万円 15年
みちのく銀行 4.5%~14.5% 最大500万円 10年
栃木銀行 6.8%~14.6% 最大500万円 10年
紀陽銀行 6.5%~14.0% 最大500万円 10年
東和銀行 4.6%~14.6% 最大500万円 10年
鳥取銀行 6.0%~12.0% 最大500万円 10年
愛媛銀行 5.8%~14.5% 最大500万円 10年
静岡中央銀行 4.0%~14.5% 最大500万円 15年
福邦銀行 3.8%~14.8% 最大1,000万円 15年
長野銀行 3.3%~14.5% 最大500万円 10年
きらやか銀行 3.5%~14.8% 最大500万円 15年
三十三銀行 9.8% 12.8% 14.8% 最大500万円 10年
筑波銀行 6.8%~14.6% 最大500万円 10年
長崎銀行 変動金利 年4.0% 最大1,000万円 15年
宮崎銀行 4.0%~14.5% 最大500万円 10年
中国銀行 6.8%~14.5% 最大500万円 15年
第四北越銀行 6.8%~14.5% 最大500万円 10年
沖縄県労働金庫 3.8%~9.8% 最大500万円 10年
飯田信用金庫 9.8% 12.8% 14.8% 最大500万円 10年

上記の銀行は、本気で完済したい人向け。他社を解約することを条件にしていることもあり、今の状況からとにかく脱出したいと考える方に向いています。

 

審査が厳しい銀行ですが、もしおまとめローンを展開する地方銀行の口座を持っていたらチャンス!給与振り込み先として活用している口座なら、審査通過率もよくなります。ご利用中の銀行を確認してみてください。

借り換えに使えるおすすめの銀行系&消費者金融系カードローン

借金の一本化は、おまとめローンの他に「借り換えローン」を利用する方法もあります。

 

【おまとめローンと借り換えローンの違い】

おまとめローン 返済専用。新規で借入できない。
借り換えローン 金利の高いローンから低いローンへ借り換え。限度額内なら新たな借入も可能

おまとめも借り換えも、一本化することに変わりはありません。しかし、借り換えなら返済しつつ新たな借入も可能です。

借り換えに使えるおすすめの銀行系&消費者金融系カードローンは下記の11社です。

 

SMBCモビット 3.0%~18.0% 最大800万円
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円
中央リテールはこちら

年10.95~13.0% 最大500万円
auじぶん銀行じぶんローン 1.48%~17.5% 最大800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 最大800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円
三井住友カードローン 1.50%~14.5% 最大800万円
楽天スーパーローン 1.9%~14.5% 最大800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 最大500万円
アロー(※) 15.00%~19.94% 最大200万円

 

上記表の一番下にある「アロー」は、中小消費者金融です。金利は高めですが、信用情報に傷がある人にも貸付実績のある会社です。

銀行や大手消費者金融の審査に通らない人におすすめします。

ネットだけで手続きが完結・全国どこからでも利用可能!! 最短10分現金をゲット!!

今すぐ現金が欲しい!でも、口座にお金がないし、借りることもできない……。

そんな方におすすめなのが、ペイチェン

※ご利用にはクレジットカードや後払いアプリ(利用可能枠)が必須です

後払いペイチェン
\審査なしで今すぐ現金をゲット!!/

必ず借りれる!絶対通るおまとめローンは?

先述しましたが、おまとめローンで「必ず借りられる」「絶対通る」という場所は存在しません。おまとめローンには必ず審査がありますので、審査の結果次第では利用できない方も多いです。

法律では貸付を行う会社が「必ず借りれる」「必ず通る」など、消費者を勘違いさせるような言葉で誘致することが禁止されています。

 

もし「必ず借りれる」という会社があれば、それは違法な闇金または、詐欺かもしれません。甘い言葉には必ず裏がありますので、注意しましょう。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは「月の返済額が減る」「一本化で返済が楽になる」などがメリットですが、下記のようなデメリットもあります。

  1. 審査が厳しい
  2. 支払総額が増える可能性がある
  3. 追加の借入れができない

デメリット①は「審査が厳しい」ことです。借入金額の多いおまとめローンでは、審査が厳しくなるのは前述したとおりです。新規カードローンと比べると通過率もグッと下がります。

 

デメリット②は「支払総額が増える可能性がある」ことです。

おまとめローンは大きな金額を長期にわたって返済します。月の負担額をできるだけ減らしたい場合、返済回数増やすことで調整できます。しかし、返済回数が増えるほど利息を払う期間も増えます。

この結果、総支払額が現在の借入状況よりも多くなる可能性がありますので注意しましょう。

デメリット③は「追加の借入れができない」ことです。

おまとめローンは返済専用ですから、利用規約で新規の借入を禁止していることも少なくありません。もしおまとめローン返済中に新規で借り入れていることがバレたら、ペナルティとして一括請求される恐れもあります。

「おまとめはしたいけど新規で借入れするかもしれない」と考える方は、借り換えローンを利用しましょう。

ネットだけで手続きが完結・全国どこからでも利用可能!! 最短10分現金をゲット!!

今すぐ現金が欲しい!でも、口座にお金がないし、借りることもできない……。

そんな方におすすめなのが、ペイチェン

※ご利用にはクレジットカードや後払いアプリ(利用可能枠)が必須です

後払いペイチェン
\審査なしで今すぐ現金をゲット!!/

低金利おまとめローン審査に落ちる原因とは?

最後におまとめローンの審査に落ちるよくある原因を紹介します。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

信用情報に事故情報がある

おまとめローンの審査では信用情報をとても重視します。

クレジットカードやローン会社を利用したあと「契約不履行」や「強制解約」「長期延滞」「法的整理」などをして、いわゆる「金融事故」として扱われ信用情報に登録されていたら、ほぼ100%審査に通りません。

信用情報に登録される情報は、悪質な債務者を避け金融機関の損失を防ぐことを目的としています。金融機関に何らかの形で迷惑をかけている人は、審査に落ちてしまうでしょう。

複数社同時に申し込みしている

信用情報は利用状況だけでなく「申し込み情報」も登録されています。短期間のうちに複数のおまとめローンに申し込みをすると「怪しい」「相当返済に困っている」と見られ警戒されてしまいます。

「この人に貸したら返済してもらえないかも」と思われ審査に落ちてしまうでしょう。

申し込みは必ず1社ずつ行い、次の申し込みは1〜2ヶ月あけた方が審査に影響しません。

借入件数・借入額が多すぎる

おまとめローンは複数の借金を一本化するための商品ですが、あまりに借入件数が多すぎると審査落ちしてしまいます。

また収入と返済のバランスがとれないほど多額の借金をしている方も審査に通過しません。

「借りすぎている」と判断するラインはそれぞれの金融機関によって異なりますが、一般的に3〜4社以上、借入金額が年収の⅓~ ⅔ を超えるとアウトです。

 

審査に落ちるリスクを回避するため、おまとめローンを申し込む前にできるだけ件数や金額を減らしておきましょう。

金額の少ないものを別のカードローンを利用して完済するのも1つの手です。この方法を取ると借入総額は変わりませんが、件数は少なくなるため審査に通過する可能性があります。

嘘の申告をする

申し込み内容は正しく、嘘のないように記入しましょう。

例えば下記のようなごまかしは、信用情報を見ればすぐにわかってしまいます。

  • 他社借入件数や借入額を少なめに申告した
  • 嘘の情報を書いた
  • 年収を多めに申告

おまとめローンは他社の借入を金融機関が直接返済し一本化するケースもあります。ですから、他社の情報は正確に申告する必要があるのです。

 

ここで嘘を書いてしまうと「信用できない」と判断され審査落ちします。たとえそれがうっかりミスであっても審査に落ちることがありますので注意してください。

職業など属性が影響した

おまとめローンの審査では、職業や勤続年数などが審査に大きく影響します。

フリーランスや日雇いバイト、専業投資家などは、どんなに年収が高くても「不安定」と判断されがちですから審査には不利な職業です。

 

一方で、有利になるのは「正社員」「公務員」「国家資格を持つ職業」など。職を失う可能性が低く収入が安定していると見られます。

フリーランスは新規でおまとめローンを申し込むより、現在メインで利用しているカードローンや銀行に借り換えを相談した方がいいでしょう。

まとめ

おまとめローンは低金利であればあるほど、利子の負担が減ります。しかし、低金利の銀行おまとめローンは審査が厳しく通過しない人も多いでしょう。

そんな方には消費者金融のカードローンを利用して借り換えする方法がおすすめ。一本化することに変わりませんので、本記事で紹介した消費者金融を参考に、今より返済額が減るかどうかチェックしてみてください。

ネットだけで手続きが完結・全国どこからでも利用可能!! 最短10分現金をゲット!!

今すぐ現金が欲しい!でも、口座にお金がないし、借りることもできない……。

そんな方におすすめなのが、ペイチェン

※ご利用にはクレジットカードや後払いアプリ(利用可能枠)が必須です

後払いペイチェン
\審査なしで今すぐ現金をゲット!!/
おすすめの記事