kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

資産運用の比較とは?資産運用を比較するときのポイント7つと注意点3つを紹介

2021 08.4

資産運用とは?

資産運用とは、資産を株式や不動産などに投資することで資産を増やしていくことです。

 

資産運用は大きくわけると、貯めることに重点を置いた「預金」と、増やすことを目的とした「投資」にわかれます。

 

預金は元本保証などの確実性が重視されており、種類としては普通預金や定期預金、積立定期預金などがあります。その一方で投資は、貯めることよりも増やすことを目的としており、株式や債券、投資信託などの種類があります。

資産運用を比較する理由

資産運用を比較することで、それぞれの運用リスクやリターンについて比べやすくなります。

 

資産運用にはリターンだけでなくリスクがあるため、さまざまな資産運用方法を比較することで、自分に適した資産運用を選択することが重要です。

 

特に初心者の場合は自分の資産に合った必要投資額を把握し、短期投資なのか長期投資なのかなど、それぞれの資産投資の特徴を知るようにしましょう。

資産運用を比較するときのポイント7つ

資産運用を比較するときには、いくつかのポイントがあります。

 

資産運用を始めるときには、自分に適した金融商品を選ぶ必要があります。また、その際には運用リスクや必要な投資額などのポイントが重要になります。

 

ここでは資産運用を比較するときのポイントを7つ紹介しますので、どのような点に注意すればよいのか参考にしてみてください。

比較するときのポイント1:運用のリスクとリターンを確認する

資産運用を比較するときには、運用リスクとリターンについて確認しましょう。

 

資産運用を行って収益を得る場合、金融商品のリスクとリターンがどのくらいになっているのかを知ることが重要です。

 

一般的にリターンが大きい金融商品はリスクも高い可能性があり、リスクが低い商品はリターンも小さい場合があります。そのため、リスクとリターンのバランスを考えて自分に合った金融商品を選びましょう。

比較するときのポイント2:投資の最低額を知る

資産運用を比較するときには、金融商品の最低投資額を確認しましょう。

 

不動産投資以外の資産運用では、投資先が最低投資額を設定している場合が多いでしょう。購入予定の商品によって差があるため、各金融機関や証券会社に確認するのがおすすめです。

 

金融商品の最低投資額をそれぞれ比較し、自分の資産可能額から投資しやすい商品を選ぶようにしましょう。

比較するときのポイント3:資金で選ぶ

資産運用を比較するときには、投資可能な資金を確認しましょう。

 

同じように資産運用をする場合でも、投資に割ける資金は人によってさまざまです。少ない資産で有効に資産運用をしたい人もいれば、高額な資産を使ってしっかりと運用したい人もいるでしょう。

 

金額次第では、不動産投資まで視野に入れることは可能です。

比較するときのポイント4:手数料を確認する

資産運用を比較するときには、必要な手数料について確認しましょう。

 

資産運用で金融商品を売買する場合、購入金額以外に手数料が必要になるケースがあります。たとえば株式投資の場合は売買手数料、不動産投資の場合は仲介手数料などの手数料がかかる可能性があります。

 

具体的な金額は販売している企業により異なりますが、どのくらいの手数料が必要になるのか目安を知っておくようにしましょう。

比較するときのポイント5:時間に対するコストを確認する

資産運用を比較するときには、時間的なコストについて確認しましょう。

 

資産運用は金融商品を購入したタイミングでの金銭的コストだけでなく、運用のために時間コストをかけなければいけないものもあります。

 

たとえば株式投資であれば価格変動のチェックが必要になり、FXであれば継続的にチェックをする必要があります。時間に対するコストの目安を把握しておきましょう。

比較するときのポイント6:投資期間を確認する

資産運用を比較するときには、投資期間について確認しましょう。

 

商品購入から売却までの投資期間は、金融商品によってそれぞれ異なります。たとえば株式投資であれば株式により短期から長期までさまざまですが、投資信託の場合は中長期運用、債券投資は長期運用が一般的でしょう。

 

長期運用になる金融商品は価格変動が緩やかである場合が多いため、経験値によって収益が左右されにくく初心者にもおすすめでしょう。

比較するときのポイント7:計画をきちんとたてる

資産運用を比較するときには、投資計画を立てるようにしましょう。

 

資産運用で確実に収益を上げていくためには、綿密な投資計画を立てる必要があります。たとえば、資産を1つの金融商品に集中するのではなく、投資信託や株式投資など計画的に分散させることでリスクを分散することが可能です。

資産運用する主な方法7つ

資産運用の主な方法についてご紹介します。

 

前述のとおり、資産運用には貯めることを目的とした「預金」と、増やすことが目的の「投資」という2種類があります。また、投資にはさまざまな金融商品があるため、比較して自分に合った商品を選ぶことが大切です。

 

ここでは資産運用する主な方法7つをご紹介しますので、資産運用の方法を選ぶ参考にしてみてはいかがでしょうか。

資産運用する方法1:預金

「預金」は金融機関に口座を開設し、お金を預けることで利息として収益を得る方法です。

 

預金ではそれぞれの金融機関ごとに設定されている金利が、預けた期間によって利息として返ってきます。一般的には普通預金が利用されていますが、他にも「定期預金」「積立定期預金」「外貨預金」「貯蓄預金」などの種類があります。

 

預金は元本割れの可能性がほぼないですが、金利が低いためリターンも少ない場合が多いでしょう。

資産運用する方法2:生命保険

「生命保険」は解約返戻金や満期保険金によって収益を得る方法です。

 

生命保険のような貯蓄型保険でも資産運用が可能です。保険商品によっては、一定期間以上加入し続けることによって解約返戻金や満期保険金の返戻率が上がり、支払金額以上の金額を受け取ることができる場合があります。

 

ただし元本割れのリスクもあるため、長期運用が前提となる点には注意が必要です。

資産運用する方法3:投資信託

「投資信託」は投資家から運用会社が資金を集め、投資運用することで収益を得る方法です。

 

投資信託は運用会社に運用を任せることができるため、投資家側で値動きを確認して運用する必要がありません。そのため、購入すればあとは何もしなくても収益を得られる可能性があります。

 

長期運用の金融商品であり、プロが運用してくれるため、初心者にも向いている資産運用方法だと言えるでしょう。

資産運用する方法4:不動産投資

「不動産投資」は賃貸物件の家賃収入によって収益を得る方法です。

 

賃貸用の物件を購入し、人に貸し出すことで長期的に大きな資産形成を目指せる資産運用方法です。不動産のため初期投資に高い費用がかかりますが、ローンを活用すれば少ない資産でも投資ができ、長期的には十分なリターンを得られる可能性があります。

 

ただし、空き室や家賃下落のリスクがあるため、需要が高い物件を見つけることが重要です。

資産運用する方法5:株式投資

「株式投資」はさまざまな銘柄の株式を購入する資産運用方法です。

 

株式は短期運用向けのものから長期運用向けのものまでさまざまなので、資産運用の目的によって好きな銘柄を選べます。運用次第では大きなリターンが得られる可能性はありますが、その分元本割れのリスクも大きい点には注意が必要です。

 

また、購入単位が決まっている場合が多いため、ある程度の資産が必要となるでしょう。

資産運用する方法6:債券投資

「債券投資」は債券を購入することで金利に応じた収益を得る方法です。

 

国や一部の企業が、資金調達をするタイミングで発行する債券を購入することによって、満期まで収益を得られるでしょう。最初から期間が決まっているため、投資家側で売却タイミングを考える必要がありません。

 

債券には財務省が発行する個人向け国債をはじめ、「政府関係機関債」「地方債」「社債」などの種類があります。

債券って何? | はじめての投資 | 乙女のお財布

資産運用する方法7:外国為替証拠金取引(FX)

「外国為替証拠金取引(FX)」は日本と外国の為替変動によって収益を得る方法です。

 

FXは株式投資と同じく知名度の高い資産運用方法でしょう。24時間取引が可能な場合が多いため、昼間に働いている人でも運用しやすいケースでもあります。

 

ただしハイリスクハイリターンな金融商品のため、初心者の場合はまずは少額から取引を行い、スキルを身につけるのがおすすめでしょう。

資産運用をするときの注意点3つ

資産運用をするときの注意点をご紹介します。

 

計画的な資産運用を行うことで将来へ向けて資産形成を行うことが可能ですが、いくつか気をつけなければいけない点もあります。

 

ここでは最後に、資産運用をするときの注意点3つをご紹介しますので、これから資産運用をはじめてみようと考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

資産運用をするときの注意点1:為替相場の予想が難しい

資産運用は為替相場を予想するのが難しい点に注意が必要です。

 

投資信託などで資産運用を行う場合、為替相場を予測して購入・売却する必要があります。しかし、為替相場を予測することは難しいため、為替リスクを負うことになるでしょう。

 

また、一般的にリスクが少ないとされている預金であっても、外貨預金の場合は為替相場を予想しなければいけない点は押さえておきましょう。

資産運用をするときの注意点2:会社の倒産リスクがある

資産運用は会社の倒産リスクがある点には注意が必要です。

 

株式投資などを行う場合、株の価値が下がって元本割れが発生するリスクがあります。さらに株を購入した会社が倒産すれば株の価値はなくなり、最悪の場合は購入した分の金額が損失になってしまう可能性もあります。

 

会社倒産のリスクは避けることができないため、倒産のリスクがあることも踏まえて資産運用を行いましょう。

資産運用をするときの注意点3:自然災害のリスクがある

資産運用は自然災害のリスクがある点には注意が必要です。

 

不動産投資や不動産に特化した投資信託によって資産運用を行う場合、地震などの自然災害や火災などによって建物が損害を受けるリスクがあります。

 

特に日本は自然災害が多いため、不動産の価値は下がる可能性があるでしょう。そのため、不動産の価値そのものが下がったり、分配金が少なくなるリスクがある点には注意しましょう。

資産運用するときは比較しよう!

資産運用はリスクとリターンを理解して運用するようにしましょう。

 

ぜひこの記事でご紹介した資産運用を比較するときのポイントや資産運用する主な方法、資産運用をするときの注意点などを参考に、自分に適した資産運用を見つけてみてはいかがでしょうか。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ