kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

個人投資家で有名な日本人とは|国内で人気の個人投資家ブログ3選

2020 06.4

個人投資家で有名な人とはどんな人?

個人投資家で有名な人にはどんな人がいるのでしょうか?世界的に知られている有名な個人投資家と言えばウォーレンバフェットが挙げられるのではないでしょうか。

有名だということは、常に結果を出し続けている投資家であることです。そんな個人投資家の投資スタイルからは学ぶべきことも多いでしょう。

日本でも有名な個人投資家は多数存在しており、時にはライフスタイルまでもが注目の的になっています。そんな日本の実力派投資家の存在は、今後の投資方針の参考になるでしょう。

それでは日本の個人投資家について、詳しく見ていきましょう。

個人投資家で有名な日本人5人

日本においても有名な個人投資家は多く存在します。投資の世界において結果を出し続けている個人投資家は注目の的であり憧れの存在です。

では、個人投資家で有名な日本人5人を詳しくご紹介します。

個人投資家で有名な日本人1:CIS氏(森貴義氏)

個人投資家で有名な日本人の1人にCIS氏が挙げられます。総資産を230億まで増やした投資家で、デイトレードをメインに強気の取引を行なっています。

CIS氏の言葉に「本能に克てねば投資に勝てない」とあります。損失を出してしまった時や利益確定をする時に、いかに人間の心理に打ち克っていくかが大事だと明言しています。

そんなCIS氏はtwitterでトレードを発信しています。35万人を超えるフォロワーがおり、CIS氏がいかに有名な個人投資家であるかわかります。

個人投資家で有名な日本人2:BNF氏(小手川隆氏)

個人投資家で有名な日本人の1人にBNF氏が挙げられます。2ちゃんねるで有名になり総資産は200億円を超え不動産投資も手掛ける投資家です。

BNF氏のトレードスタイルは短期トレードが主流です。そして逆張りのスイングトレードもBNF氏の得意とするところです。そして2005年の「ジェイコブ誤発注事件」はBNF氏を有名にさせた事件で1日で20億円の利益を手にしています。

BNF氏には運だけではない冷静さがあり、天才トレーダーと呼ばれています。

個人投資家で有名な日本人3:五味大輔氏

個人投資家で有名な日本人の1人に五味大輔氏が挙げられます。中学生から株式投資を始め、資産は200億円を超え主に現物取引を行う投資家です。

長期保有の投資家である五味氏の銘柄は「五味氏銘柄」と呼ばれており、五味氏保有の銘柄は投資家からカリスマ性の人気があり注目を集めています。

五味氏の取引判断に使われる指標などは、誰もが入手できる情報ばかりで実力派の投資家として根強い人気がある個人投資家です。

個人投資家で有名な日本人4:片山晃氏

個人投資家で有名な日本人の1人に片山晃氏が挙げれます。資産は140億円を超え、機関投資家でもあります。

片山氏はバリュー投資と呼ばれる小型株を中心に扱う投資を行なっており、個人投資家からは常に熱い視線を送られています。彼が寄稿を寄せる経済雑誌には多くの注目が集まり、冷静な分析と今後の方針には影響を受ける個人投資家も多く存在するでしょう。

片山氏の冷静な分析は定評があり、ファンダメンタルズも指標も参考にして結果を出していくスタイルには最も強い王道の個人投資家であリます。

個人投資家で有名な日本人5:テスタ氏

個人投資家で有名な日本人の1人にテスタ氏が挙げられます。スキャルピング手法をとり長期間株式を保有しないスタイルで利益20億円を達成し、30億円を目指している個人投資家です。

スキャルピング手法とは短時間でデイトレードを繰り返していく手法で、テスタ氏の場合数分から數十分で売買を繰り返し利益を重ねています。

現在、テスタ氏は慈善活動や投資以外の事業にも意欲的に取り組んでいます。天才的な彼の投資センスはtwitterでもファンが多く、13万を超えるフォロワーが存在するカリスマ個人投資家なのです。

国内人気の個人投資家の有名ブログ3選

国内で人気のある個人投資家の多くはブログ運営を行なっています。

トレード内容の公開や保有財産の公開、そして今後の方針などを惜しげもなく公開しています。個人投資家にとって参考になる情報が多く人気ブログとなっています。

それでは、国内人気の個人投資家の有名ブログ3選をご案内していきましょう。

国内人気の個人投資家の有名ブログ1:高値掴みマンの欲しがりません億までは!

著者は高値掴みマン氏で、ブログ内に保有銘柄や運用成績を詳しく紹介しています。最初は91万円からスタートし、自虐的なブログタイトルにもあるように失敗も成功も包み隠さずに公開されています。

高値掴みマン氏はコツコツと利益を積み上げて実績を着実に残しており、各銘柄ごとに定性分析を行い目標時価総額を決めて長期保有スタイルを取っています。

個人投資家として参考になる銘柄の分析や相場観がほぼ毎日更新されており、ぜひチェックしておきたいブログです。

国内人気の個人投資家の有名ブログ2:小型株投資の日記

小型株投資の日記というブログはちょっとしたコラムのような内容になっています。データが多く客観性のあるブログです。

小型株投資の日記ブログの文章から伝わるように冷静で論理的な分析から導かれた運用方法に注目が集まっています。

国内人気の個人投資家の有名ブログ3:株でまずは1億いずれは10億

週次や月次をブログで公開しています。ポートフォリオの公開も行なっており資産が増えていく様子がリアルに伝わる内容になっています。

日常生活の変化の中から運用対象の銘柄を選んでいる様子もブログに綴られており、どのような目線で日常を投資に生かしているのかを参考にできるブログです。

個人投資家で成功するための3つのポイント

個人投資家として成功している有名な方々をご紹介してきました。

それでは具体的にどのような行動をとると個人投資家として成功するのか、3つのポイントに絞って詳しくご紹介していきます。

個人投資家で成功するポイント1:セミナーへの参加

個人投資家で成功するポイントとしてセミナーへの参加が挙げられます。

証券会社や銀行が無料で運営しているセミナーがあり、初心者向けのものや長期保有のものなど目的に応じた内容で開催されていますのでチェックしてみてください。

個人投資家で成功するポイント2:個人ブログや書籍

個人投資家で成功するポイントとして個人ブログや書籍から学習する方法が挙げられます。

成功している個人投資家のブログや本を読み込むことで実践的なトレード方法を学ぶことができます。

個人投資家で成功するポイント3:ビジネス誌や新聞

個人投資家で成功するポイントとしてビジネス誌や新聞から情報収集する方法が挙げられます。

新聞からは正確なデータを得ることができ、ビジネス誌からは専門家の見解を得ることができます。新聞やビジネス誌は個人投資家としての見聞を広げてくれるでしょう。

個人投資家で成功している有名人から投資のノウハウを学ぼう

すでに個人投資家として成功している有名人から投資を成功させるコツを学びましょう。

失敗した経緯も公開している投資家も多く、その失敗経験から学べることは少なくありません。そして、それぞれの個人投資家が導き出した成功法則を学び、投資家としてあなたが成功を掴むことも可能です。有名個人投資家のノウハウを上手に利用しましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ