kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

クイックペイ(QUICPay)のポイント獲得術を紹介!ポイントの3重取りとは

2020 10.21

目次

クイックペイは電子マネー

クイックペイはJCBカードが展開する後払い制の電子マネーです。対象のiPhoneなどにクレジットカードを設定することで、おサイフケータイとして使うこともできます。

お店の端末に、スマホやクレジットカードなどをかざすだけで簡単に支払いができ、アプリの起動や事前にチャージをする必要がありません。また、サインや暗証番号もいらないので、会計の際にもたつくことなくスムーズに買い物することができます。

QUICPay

クイックペイ(QUICPay)でたまるポイント

クイックペイは、全国のQUICPayマークのあるお店で利用でき、クレジット・デビットカード・プリペイドカードの3つの支払い方法があります。

また、クイックペイには「QUICPay」と「QUICPay+」の2種類があり、それぞれ設定可能なクレジットカードや1回あたりの利用上限金額が異なってきます。

紐付けてあるクレジットカードのポイントがたまる

クイックペイで支払いをした場合、クイックペイには独自のポイントシステムはありませんが、紐付けてあるクレジットカードにポイントやマイルが貯まるようになっています。

また、紐付けてあるクレジットカードによってポイントの還元率や還元方法が異なってきますので、詳しくは、クレジットカード会社のホームページなどで確認するようにしましょう。

クイックペイ(QUICPay)でのポイント獲得術

クイックペイは、小銭で支払うことの多いコンビニでも利用でき、ポイントを貯めることができます。

そして、このクイックペイを上手に活用することで、お得にポイントを貯める方法があります。それが、ポイントの2重取りと3重取りです。

ポイントを2重取りする方法

クイックペイを利用して買い物をするだけで「ポイントの2重取り」ができるお得なカードがあります。それが、セブン-イレブンのnanacoカードにクイックペイ機能を追加したQUICPay(nanaco)カードです。

QUICPay(nanaco)では「QUICPayマークが付いているnanacoカード」および「セブンカード」の2枚のカードが必要です。nanacoカードしかない場合は、セブンカードを申し込まなければなりません。

QUICPay(nanaco)を使用する

QUICPay(nanaco)は、nanaco加盟店とQUICPay加盟店の両方で使うことができますが、利用する店によって付与されるポイントが違います。

セブン-イレブンで利用した場合、200円(税込)につきセブンカードに「1ポイント」と200円(税抜)につきnanacoに「1ポイント」そして、nanacoボーナスポイントがそれぞれまとめて付与されます。

尚、QUICPay加盟店で利用の場合は、ポイント付与率が変わることもあるので公式HPでご確認ください。

JCB ORIGINAL SERIESでポイントを3重取りする手順3つ

クイックペイで「ポイントを3重取り」するには、QUICPay(nanaco)に紐付けするクレジットカードの選択が重要です。

これまでは、QUICPay(nanaco)に紐付けするクレジットカードはセブンカードやセブンカード・プラスのみが対象でしたが、JCB一般カードやJCBゴールドなど、JCBグループが発行するJCB ORIGINAL SERIESへの紐付けが拡大され「ポイントの3重取り」の実現が可能になりました。

ポイントを3重取りする手順1:ANAマイレージクラブ機能が搭載されたカードを選ぶ

ポイントを3重取りするには、JCBカードを新規で申し込む際に「ANAマイレージクラブ機能が搭載」されたカードを選びましょう。

既にJCB ORIGINAL SERIESを持っている方が申込みをした場合は、自動的に「ANAマイレージクラブ機能が搭載」されたカードに切替わります。

また「ANAマイレージクラブカード」や「ANAカード」を持っている方は、申し込む際にお客様番号を入力すると、マイルが統合されます。

ポイントを3重取りする手順2:JCBカードと紐付けたクイックペイ(QUICPay)で支払う

セブン-イレブンでは、ANAカードマイルプラス加盟店とJCB ORIGINAL SERIESパートナー(ORIGINALSERIES対象のJCBカード利用で、通常よりOki Dokiポイントが貯まる店)との両方に加盟しています。

そのため、セブン-イレブンでQUICPay(nanaco)に紐付けしたANAマイレージクラブ機能が搭載されたJCBカードを利用することで、お得にポイントを貯めることができます。

ポイントを3重取りする手順3:通常のカードのポイントに加えてANAマイルがたまる

nanacoにクレジットカードと、通常のカードのポイントに加えてANAのマイルが貯まります。セブン-イレブンで利用した場合に「ポイントの3重取り」が可能になります。

JCBカードでは、1回の利用金額が1,000円未満でも、毎月の利用金額の合計でポイントが加算されます。

クイックペイ(QUICPay)と紐付け可能なクレジットカード4選

先程紹介した以外にも、お得にポイントが貯まるクレジットカードが、他にもまだまだたくさんあります。そこで、次に紹介したいのが、クイックペイに紐付け可能なクレジットカードです。

皆さんが、使いたくなるようなクレジットカードを集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

クイックペイと紐付け可能なカード1:セブンカード・プラス

セブンカード・プラスでは「nanaco一体型」と「nanaco紐付型」があり、年会費が無料になっています。そして、nanacoへのチャージでnanacoポイントが貯まり、カード払いやカード提示による現金払いでもnanacoポイントが貯まるようになっています。

また、QUICPay(nanaco)機能を追加すると、セブン‐イレブンを利用した場合では、200円でnanacoポイントが2ポイント付与されます。

クイックペイと紐付け可能なカード2:セディナカード

セディナカードはカードの月間の利用金額200円(税込)ごとに1ポイント貯まり、年間のカードショッピングの利用金額によって、翌年のポイント倍率が上がるステージ制度があります。

セディナカードは全国のセブン‐イレブン、イオン、ダイエー各店舗で買い物をするとポイントが3倍になるといわれています。

セディナカード

クイックペイと紐付け可能なカード3:JCBカード

JCBには、ANA・東京メトロと提携している「ソラチカカード」や「JCB CARD W」があります。

JCB ORIGINAL SERIESの「JCB CARD W」は、39歳以下WEB限定ですが、いつでもどこでもポイントが2倍で、JCB ORIGINAL SERIESパートナーではポイントが3~21倍にもなります。また、Oki Dokiランドを経由すれば、ポイントが最大20(+19)倍も付与されます。

JCB CARD W

クイックペイと紐付け可能なカード4:セゾンカード

セゾンカードでは「グラブ・オン/ミレニアムカードセゾン」がクイックペイに対応しており、西武、そごう、セブン&アイグループ加盟店でお得にポイントを貯めることができます。

また、セブン&アイグループでは誕生日月にポイントが2倍になります。

グラブ・オン/ミレニアムカードセゾン

クイックペイ(QUICPay)のメリット3つ

クレジットカードは、現金払いと比べると、小銭などで財布がパンパンになることはありませんが、利用時にサインや暗証番号がいるので、ちょっとした手間が掛かってしまいます。

そんな支払い時の手間を解消してくれるのが、クイックペイです。やはり、買い物はできるだけスムーズにしたいものです。他にもクイックペイの魅了でもありメリットには次のようなものがあります。

クイックペイのメリット1:ジャンルを問わず多くの加盟店で使える

クイックペイは、ローソンなどのコンビニからエディオンやビックカメラ、ヨドバシカメラといった家電店まで、ジャンルを問わず多くの加盟店で使えるのがメリットの一つです。

他にも、東京ディズニーランドなどのレジャー・アミューズメントやイオングループなどのスーパーマーケット、エネオスなどのガソリンスタンに、ドラッグストア、ファストフード、タクシーなど、全国116万ヶ所以上の場所でも利用できます。(2020年3月時点)

クイックペイのメリット2:盗難や紛失時の補償が付いている

クイックペイに紐づけたクレジットカードやApple Payなどの端末が盗難や紛失にあった場合は、各カード発行会社に連絡しなければなりません。

JCBでは、クレジットカードの盗難や紛失により、第三者に不正に使用されてしまった場合、損害額の補償がありますが、各カード発行会社によって補償が違ってきます。

また、Apple Payでは「iPhoneを探す」機能で、紛失モードに設定することで、利用を一時的に停止することができます。

クイックペイのメリット3:事前チャージなしで利用可能

クイックペイは事前にチャージなしで利用することができます。紹介した以外にも「オリコカード」「トヨタカード」「ジャックス」「日専連」「エポスカード」「ゆめカード」「高島屋カード」「ビューカード」などが対応しています。

また、デビットカードでは「みずほ銀行」や「auじぶん銀行」、プリペイドカードでは「LINE Pay」や「kyash」が対応しています。

クイックペイは、楽天Edyや楽天ペイ、WAONなどのように事前にチャージをしなくてもいいので、とっても便利な電子マネーです。

クイックペイ(QUICPay)を利用するときの注意点

クイックペイは使いやすくて便利な電子マネーですが、2回払いやリボ払いをすることができません。店頭での支払いは1回払いのみになっているので注意しましょう。

そして、他にも、支払い時の注意として次のようなことがあります。

支払うときはクイックペイで支払うことを伝える

店頭でクイックペイを利用しようと思っていても、支払い方法を伝えないでいると、他の電子マネーによる決済と間違えられてしまうことがあります。

店頭でクイックペイを利用したい場合には、必ず「クイックペイで支払います」と伝えるようにしましょう。そして、支払いが完了すると「クイックペイ」と音が鳴るので、必ず決済音を確認するようにしてください。

クイックペイ(QUICPay)でお得にポイントを稼ごう

現在では、様々なクレジットカードが流通しているため、カード選びに迷っている方も多いと思いますが、クイックペイを利用してお得にポイントを稼いでみませんか。

クイックペイでは、お得なキャンペーンやイベントなどがよく開催されていますので、時間のある時にでも、ちょっと覗いてみてください。きっと、毎日の楽しみが増えるのではないでしょうか。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ