kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

土地活用の種類7つ|失敗しない土地活用方法の選び方3つとは?

2020 10.21

土地活用方法とは?

土地活用方法とは、使わない土地にアパートやマンションを建てて人に貸したり、駐車場にしたりして、収益を得る方法を指します。

この土地活用では土地の大きさや場所、コストを考えて、無理なく経営できる手法を選ぶことが大事でしょう。

また、荷物置き場にする方法や、コインランドリーにする活用方法なども選ばれています。土地の特徴を調べて、費用はどの程度で始められるか収益性を考えることも大切です。

土地活用の種類7つ

土地活用には、土地を売却する方法や、ロードサイト店舗にする方法、アパート・マンションの経営、さらには駐車場の経営など豊富な種類があります。

ここでは、多くの人が選んでいる7つの土地活用方法の種類について取り上げて、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

土地活用の種類1:土地の売却

土地活用の種類には、土地の売却という方法があります。土地を売却してまとまったお金を得て、次の土地活用に使うことが可能です。

しかし、土地の売却で気をつけたいのは、不動産会社へ支払う仲介手数料や諸経費などがかかってしまうことです。

また、売却時には譲渡所得税がかかってきますので、先にいくらくらいかかるのか計算してから売却するのがベターです。

土地や建物を売ったとき|国税庁

土地活用の種類2:ロードサイド店舗

土地活用の種類には、ロードサイド店舗を建てる活用方法があります。ロードサイト店舗とは、人通りが多い幹線道路沿いなどにテナントを誘致する活用方法です。

ショッピングセンターなどにする、広い敷地にも適した活用方法でしょう。品揃え、価格、店舗のディスプレイなどを工夫することで、高収益を目指せる可能性があります。

また、ロードサイドの土地活用方法には2種類あり、地主が土地に建物を建てて、店舗の事業者が一括借り上げするリースバック方式と、土地を店舗の事業者に定期借地する事業用定期借地方式があります。

土地活用の種類3:アパートやマンションの経営

アパートやマンションを人に貸す「賃貸経営」によって利益を出す土地活用の種類があります。

土地に建物を建てて、人に貸し出して収益を得られるこの土地活用では、入居者から得た賃料で建物のメンテナンス費用や、共用部分の清掃費、電気代などを支払うスタイルです。

しかし、入居者が集まらなければ収入は得られないため、立地が重要な土地活用方法といえるでしょう。

土地活用の種類4:駐車場の経営

駐車場経営も人気の土地活用方法でしょう。この活用方法は費用を抑えつつ始められる特徴があり、運用や管理も賃貸物件よりはコストを抑えられる可能性があります。

駐車場の土地活用方法には、誰でも時間毎に借りられるコインパーキング形式と、1ヶ月毎に契約者が駐車場を借りる月極駐車場として貸し出す方法が一般的です。

機械の導入が不要な月極駐車場は初期費用をさらに抑えられ、他の業態に変えるときも簡単な工事で済むメリットがあります。

土地活用の種類5:定期借地

土地活用の種類には、定期借地として人に貸し出す方法があります。

土地を貸して収入を得る場合には定期借地権というものがあり、一般定期借地権、建物譲渡特約付借地権、事業用定期借地権の3種類が存在します。それぞれ用途や期間などが異なるため、活用する際にはそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

借地借家法|e-Gov法令検索

土地活用の種類6:等価交換

等価交換という土地活用の種類を選ぶ人も増えているようです。土地を提供(出資)した後に、デベロッパーなどの事業協力者がその土地に建物を建てます。そして、完成した建物と土地は出資の比率に応じて共有することになります。

この土地活用方法は共同出資という形式になるため、初期費用を抑えることも可能です。

土地活用の種類7:商業ビルやオフィスの経営

土地活用の種類には、商業ビルやオフィスの経営があります。この活用方法は、賃貸で貸し出す商業用ビルやオフィスビルを建てて、貸し出す方法です。

相手が利益の多い企業や法人であるため、マンションの賃貸料よりも高い収益を望むことができるでしょう。

土地活用のメリット3つ

土地活用方法のメリットには、税金の対策や賃貸収入が安定する、地域に貢献できるなど、3つの種類が挙げられます。

ここでは、土地活用のメリットを3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

土地活用のメリット1:節税対策ができる

土地活用のメリットは、税金の対策が可能なことです。特に固定資産税は土地を所有しているだけで課される税金です。そのため、土地を有効的に活用することがおすすめでしょう。

土地に関する税金は多く存在するため、活用方法に合わせて一度確認してみてはいかがでしょうか。

固定資産税等について|総務省

土地活用のメリット2:収入が安定する

収入が安定することも土地活用のメリットでしょう。自分が出せる予算を考えて、土地活用の計画を立てておくことで、安定した収入が得られる可能性があります。

例えば賃貸経営をする場合、土地の場所やその周辺をチェックし、入居者のニーズに合う物件を選び、適した家賃を設定することが土地活用方法のポイントでしょう。

土地活用のメリット3:地域に貢献する

土地活用のメリットは、地域に貢献することもあるでしょう。例えば、駐車場にすることで、車を置くスペースがない人が利用でき、コンビニ・商業施設などを建設すれば、より便利な暮らしに貢献できるでしょう。

また、診療所や老人ホームなど地域に求められている建物を建てて土地活用をすることで、地域貢献にも役立つのではないでしょうか。

土地を所有する地域に求められている活用方法を選択してみましょう。

失敗しにくい土地活用方法の選び方3つ

失敗しにくい土地活用の種類を選択し、賢く収益を出す方法には、安定性、初期投資額、収益の3つのポイントがあります。将来を考えて土地活用方法を選ぶことが大事でしょう。

ここでは、失敗しにくい土地活用方法の選び方を3つの方法を取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

土地活用方法の選び方1:安定性

土地活用方法の選び方としては、安定性があるかどうかを確認しましょう。安定性のある土地活用で収益を出すためには、変動が大きくなりにくい賃貸マンションやコインランドリーを選ぶことがおすすめでしょう。

賃貸マンションは、1棟あたりの賃貸収入が多く期待できますし、コインランドリーであれば固定客がつくことで安定性のある運営が可能です。

また、安定性のある土地活用にするにはどういう需要があるか注目して、しっかり考えてから計画を立てましょう。

土地活用方法の選び方2:初期投資額

可能な初期投資額を確認して、土地の有効活用方法を選びましょう。初期投資に多額の費用をかけられないときは、比較的初期投資額を抑えられる土地活用方法を選ぶことが大事です。

また、初期投資額を抑えるなら、土地をペイントで区切るだけですぐに始められる駐車場経営や、空き家を所有している場合は賃貸戸建経営などがおすすめでしょう。

空き家を活用して賃貸戸建経営を始めるときにはリフォームが必要になるかもしれませんが、費用を抑えることは可能であるため、人気の活用方法といえるでしょう。

土地活用方法の選び方3:収益

土地活用方法の選び方としては、収益を考えることがポイントです。

初期投資はかかりますが、高齢者向け住宅を建てて高齢者に入居してもらったり、数人の入居者が自由に同居するシェアハウスを経営したりするなどの土地活用方法も増えているようです。安定した収益が見込める可能性があるでしょう。

また、賃貸物件に単身で入居する人をターゲットにして、戸数を増やす工夫をすることで高い収益を得られる可能性が高くなります。

活用する土地の特徴を見極めよう

活用する土地の特徴を見極めましょう。住む人、駐車する人の立場になり、どの種類を選べば安定する収益が得られるか、確認することが大切です。

そして、土地をチェックしたうえで売却するのか、ロードサイド店舗やショッピングセンターとして貸し出すのか、駐車場やアパートにするかなど、土地に合う種類を選ぶとよいでしょう。

土地の専門家に相談する方法もあるため、より安定性のある種類の土地活用方法を選んでみてはいかがでしょうか。

>>HOME4U 土地活用の無料プラン請求はこちらから<<

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ