kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

投資信託とは?メリット6つや知っておきたい知識をわかりやすく解説

2022 05.17

投資信託をわかりやすく解説

投資信託での投資を検討している人は、投資信託自体をわかりやすく理解したいと考えている方が多いのではないでしょうか。

投資信託とは投資家から集めた資金を専門家が株式などの投資を行い、投資をした人がその分配金を受け取る投資方法です。投資信託とはどのような投資方法なのか知っておかないと投資自体を成功させることが難しくなってしまうことがあります。

投資信託の知識を身に付けてから、投資を始めるようにしましょう。

投資信託の仕組み

投資信託の投資で失敗をしないためには、投資信託の仕組みについて学んでおく必要があります。

投資信託は金融機関、運用会社、信託銀行の3つの組織で成り立っており、金融機関は投資家への商品販売、分配金の手配など行い、運用会社はファンドの運用対象の決定と運用方針を決めます。また、3つ目の組織である信託銀行は投資対象となる株や債権の売買管理を行います。

投資信託の運用方法

投資信託での投資を行う際、運用方法についてもわかりやすく知っておく必要があります。

「投資信託の仕組み」の章でもご紹介したように、金融機関で商品を販売し、金融商品を売って集めたお金で運用会社が運用方針や運用を決定し、その後、運用会社が信託銀行に運用についての指図を行い、株や債権の売買と管理を行うことになっています。

アクティブ型とは

投資信託にもさまざまな種類があり、アクティブ型と呼ばれる運用方法があります。

投資信託のアクティブ型とは運用目標を上回る成果を上げられるようにファンドを運用していく方法となるので、投資先の金融銘柄の売買が頻繁に行われるため、高い利益を上げていくことができるようになっています。

金融銘柄の売買が頻繁に行われるので運用費用がかさんでしまうデメリットがあるので、潤沢な資金を準備しておく必要があります。

インデックス型とは

投資信託にもさまざまな種類があり、アクティブ型以外にもインデックス型と呼ばれる運用方法もあります。

インデックス型の投資信託とは、日経平均株価やTOPIXなどの市場の値動きに同調して運用していく方法となるので低リスクで投資信託の運用をしていくことができます。

インデックス型はインデックスに連動した商品があれば購入するだけで手間やコストを抑えた投資信託を始められますが、短期で利益を得ることができません。

投資信託のメリット6つをわかりやすく解説

投資信託での投資を検討している人は、投資信託自体のメリットについてわかりやすく知っておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

投資信託のメリットについてわかりやすく理解しておけば投資信託自体の利点を活かした運用をしていけるので、自分に合った投資信託を選ぶことができたり、分配投資を行いリスク軽減をしていくことも可能になります。

ここでは、投資信託のメリットについてわかりやすく解説していきます。

投資信託のメリット1:自分に合う投資信託を選べる

投資信託のメリットの1つ目に自分に合う投資信託を選べる点が挙げられます。

投資信託を扱っている金融機関は数多くあり、扱っている商品や運用方法もさまざまなので自分が持っている資金や投資に関する知識の度合いによって自由に投資信託を選んでいくことができます。

自分に合った投資信託を選んでいくためにも、投資信託とはどのような投資なのかわかりやすく学んでおくことが大事です。

投資信託のメリット2:少額から投資できる

投資信託のメリットの2つ目に少額から投資できる点が挙げられます。

投資信託は数百円から数万円までと少額で始めることができ、分配投資も可能となっているため投資をしていくためのリスクを抑えながら、投資信託による投資をしていくことができます。

まずは少額の投資から挑戦するようにし、投資信託に慣れることから始めてみましょう。

投資信託のメリット3:値動きを気にしないでよい

投資信託のメリットの3つ目に値動きを気にしないでよい点が挙げられます。

投資信託は購入した商品によって運用方法が決まっており、運用自体も金融の専門家が行っていくので頻繁に値動きをチェックする必要がないため、株式などのように値動きを気にせず取り組める投資となっています。

値動きを気にしなくて良い分、自分の資金や都合に合わせた商品を購入する必要があるので、投資信託についてわかりやすく理解しておきましょう。

投資信託のメリット4:分散投資によるリスク軽減

投資信託のメリットの4つ目に分配投資によるリスク軽減できる点が挙げられます。

投資信託に投資したお金は、投資信託の運用を担当している専門家が複数の株式銘柄や金融銘柄で運用し、分配投資がなされているため、リスクを軽減していくことが可能になっています。

分配投資を行っていても金融市場に暴落が起きた場合は、損害を被ることになりかねないのでそれらの点を承知して投資信託での投資を行っていきましょう。

投資信託のメリット5:プロに任せられる

投資信託のメリットの5つ目にプロに任せられる点が挙げられます。

投資信託は商品を購入し、その金融商品の運用方法に従って金融の専門家が運用をしていくため、自分で値動きの動向をチェックしたり、金融商品の売買をしていく必要がありません。

金融の専門家がどのように運用を行っているのか知るためにも、投資信託についてわかりやすく理解し、得た知識を投資信託の投資に役立てていくことが大切です。

投資信託のメリット6:パッケージが分かりやすい

投資信託のメリットの6つ目にパッケージが分かりやすい点が挙げられます。

投資信託とは投資家から集めた資金で株や債権を共同購入していくパッケージ商品なので、目的や用途がはっきりしており、不明に感じることや不可解な点がなく投資の初心者でも気軽に始めることができます。

普段利用している銀行や金融機関ならばこちらの資産状況も把握しているため、より自分に合った投資信託を選ぶことができます。

投資信託のデメリットとは?

投資信託での投資を行う際はメリットだけではなく、デメリットも把握しておく必要があります。

大幅な価格変動があり元本毀損を起こしてしったら元本の保証はされないので大きな損益を被ってしまったり、運用方法によっては金融の売買が増えてしまうため想定外の手数料がかかってしまうことがあります。

ここでは、投資信託での投資を行う際のデメリットについて紹介していきます。

元本保証はない

投資信託のデメリットに元本保証がない点が挙げられます。

仮にインデックス型の投資信託を選択していた場合で日経平均株価の暴落があり、投資信託に悪い影響が起きて、元本が保証できない損益を被っても元本保証をしてもらうことができないのでそれらの点を承知して投資信託での投資に着手する必要があります。

手数料がかかる

投資信託のデメリットに手数料が発生してしまうことが挙げられます。

アクティブ型の投資信託を購入した場合、運用目標を上回る利益を上げていかなくてはならないので金融銘柄の売買が頻繁に行われるため、手数料が多く掛かってしまうことがあります。

また、投資信託は専門家に運用を一任していくため、株式や上場投資信託の投資よりコストが掛かってしまいます。

変動リスクがある

投資信託のデメリットに変動リスクを視野に入れる必要があることが挙げられます。

投資信託で投資する金融銘柄の1つである海外金融商品には為替変動リスクがあり、また、国内の債権にも価格変動リスクが伴うので、それらの変動リスクがあることを踏まえて投資信託での投資に着手する必要があります。

どのような変動リスクが伴うのか理解しておくためにも、投資信託についてわかりやすく理解しておくことが大切です。

投資を始める前に知っておきたい知識をわかりやすく解説

投資信託による投資を始めていくには、投資信託の知識について理解しておくことが大切なことになります。

期間を空けて定額の投資をすることを検討したり、長期投資向けの商品を選んでおけば即座に利益を得ることはできなくてもリスクを抑えながら、投資信託による投資を行っていくことができます。

投資信託を始める際に必要となる知識を身に付けておき、投資におけるリスクを軽減させていきましょう。

期間を空けて定額の投資をする

投資信託を始める前に知っておきたい知識に期間を空けて定額の投資をすることが挙げられます。

期間を空けて定額の投資をしていくことができれば、金利や為替の価格変動の影響をダイレクトに受けることを避けられるため、リスク軽減をしながら投資信託による投資をしていくことができます。

信頼できる金融機関で期間を空けて定額の投資を行うようにし、価格変動によるリスクに対応していきましょう。

長期投資向けの商品を選ぶ

投資信託を始める前に知っておきたい知識に長期投資向けの商品を選ぶことが挙げられます。

長期投資向けの商品を選んでおけば、短期投資のように短い期間ではなく長い期間で投資を考えていくことができるので、投資を一任されてる専門家もリスク管理がしやすく、長期間で投資を行っているため、元本の金額が大きくなりやすく多く利息を得ていくことができます。

しかし、運用期間が長くなることでコストが多く掛かる欠点があります。

投資信託への理解を深めよう

投資信託とはどのような仕組みで運用されているのかや投資する際のメリットやデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

投資信託はさまざまな運用方法が存在し、自分の資金や知識の深さ、都合などに合わせて選んでいける自由度がありますが元本保証がなされないので投資に着手する際は投資信託について学んでおく必要があります。

投資信託で利益を得ていくためにも、投資信託の理解を深めておきましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ