kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

ネット保険加入のおすすめの理由7選|ネット保険に加入する際の注意点4つも紹介

2020 10.21

ネット保険とは

ネット保険は、インターネット上で加入することができる保険です。また、ネット保険という呼び方そのものには、定義がありません。そのため、保険代理店で販売している保険の一部に、ネットから加入する場合でもネット保険と呼ぶことができます。

また通販型(ダイレクト)と呼ばれるような保険代理店がなく、コールセンター、Web上から申し込むタイプの保険もネット保険と呼ばれます。

ネット保険と接客保険の違い

ネット保険は、インターネットで保険に加入することができますが、接客保険では保険の代理店に行きスタッフと会話をしながら自分に適した保険を提案してもらい加入をするという違いがあります。

ネット保険でも代理店を構えている場合があります。しかしネットの保険の特徴の1つが、接客保険と違い代理店に行く必要がないということです。

また、ネット保険の特徴として営業時間を気にせず自分の好きな時間に、複数社の保険の商品を見比べてインターネット上から加入することができます。

ネット保険がおすすめの理由7選

ネット保険は、従来からある接客型保険と比べるとどのぐらいおすすめな保険なのでしょうか。ここでは、今までネット保険の加入を検討してこなかった人にもわかりやすく、ネット保険の優れた点を7つご紹介します。

理由1:保険料がお手頃な価格

ネット保険は従来からある接客型の保険と比べると金額がお手頃なものが多く、費用を安く抑えたい人にはおすすめです。

なぜネット保険は金額が手ごろになるのかというと、次の理由からです。

ネット保険は、保険の職員が個別に保険について説明をすることがないため人件費が浮きます。また、ネット保険によっては、保険代理店などの拠点を持たないこともあり、家賃、雇用しているスタッフに支払う費用が掛かりません。

理由2:申し込みが24時間受付

ネット保険をお勧めする理由の一つに、24時間いつでも気が向いたときに受付をすることができるというのがあります。

従来からある保険代理店型の保険に加入する場合、保険に入りたい時や見直したいと思ったときでも、保険代理店が営業している時間内に行く必要があり、仕事をしているとなかなか都合をつけて行くのが難しい場合があります。

また、地方によっては保険代理店が近くになく大都市にまで行かないといけないこともあります。しかし、ネット保険の場合は、Web上で商品を確認できるので、申し込みもすべてネットでできます。

理由3:対面のわずらわしさがない

ネット保険のおすすめの1つに、保険のスタッフに会って話をきいたりすることがないので、対面のわずらわしさがないというのがあります。

対面で保険代理店のスタッフと会話する時は、自分でこの保険がいいと考え決めてきた商品があってもスタッフからの提案や、約款について詳しい説明を受けないといけません。

パンフレットに書いてある約款を読むと済むようなことでも、対面接客の場合はネット保険で加入するよりも時間がかかる傾向があります。

理由4:時間の調整が面倒な人

ネット保険は24時間加入できるというメリットがあります。従来だと保険代理店に行くためにスケジュールを組んでいく必要がありました。ネット保険の場合は、予定を組む必要がなく保険に加入することができるのでおすすめです。

理由5:自分に合った商品を選べる

ネット保険をおすすめする理由の1つに自分に合った商品を選ぶことができるというのがあります。対面接客がある保険代理店では、気になる商品ごとに代理店を変えて訪問する必要があり難儀です。

ネット保険では複数社の保険を一度に検討できるため、納得のいく商品を見つけるまでじっくりと見比べて自分に合った商品を選ぶことができます。

理由6:保険の知識が身につく

ネット保険の場合は、約款などを自分で読んで理解をしないといけなかったり、販売されている商品について自分で理解をして加入しないといけないため、保険について詳しくなります。

一方、保険代理店で加入するタイプの保険の場合は、約款は読む必要がありますが、わからない保険商品は加入する時に代理店のスタッフが説明をしてくれますので、商品の違いを知るために全部の商品に詳しくなる必要はありません。

理由7:対人相談や電話サービスも利用できる

ネット保険はWeb上でいつでも好きな時に加入できたり、スタッフと会話するわずらわしさがないのがおすすめの理由でもありますが、商品に疑問がある場合は説明をうけることができる保険代店に行くスタイルの方がよかったのではと思う人もいるのではないでしょうか。

ネット保険によっては、商品に疑問や質問がある時のために、サポート先としてコールセンター、電話サービスなどが用意されています。どのようなサポート体制があるかは、保険会社によって違いますが、対人相談、電話サービス、AIチャット、電子メールなどがあります。

ネット保険に加入する際の注意点4つ

ネット保険をお勧めする理由を7つご紹介しましたが、実際にネット保険に加入する時はどのようにしないといけないのでしょうか。

ここからは、ネット保険に加入する時に注意したい点を4つまとめてあります。申し込みをする際は、参考にしましょう。

注意点1:契約審査は厳しい

保険に加入する際は、健康状態に関する告知義務が発生します。保険代理店で加入する際は、保険販売員とは別に、健康診断を受けたり、告知審査をするスタッフに健康状態を伝えないといけません。

保険代理店で保険に加入する時は、この告知審査がとても厳しいので、健康状態によって加入ができない保険商品などが出てきます。

一般的にネット保険の告知は保険代理店で加入する時よりは厳しくないのですが、商品によってはかなり厳しいものがあり、加入できない可能性もあります。

注意点2:接客保険より保険の種類が少ない

ネット保険は保険代理店で販売されている保険商品よりも金額的にお得なものが多いのがメリットのひとつですが、一方で保険代理店で販売されている商品がなかったりと、ネットで加入できる保険が一部である場合があります。

また、保険代理店で販売されている商品と異なるネット保険限定の商品などもあります。そのため加入希望をしていた商品がネット保険では販売されていない可能性もありますので、そのあたりを気を付けてネット保険に加入しましょう。

注意点3:保険の予備知識が必要

ネット保険に加入する際は、保険代理店のように販売員による説明がありません。ネット上のパンフレットから保険の内容を理解するために、保険に関する予備知識が必要となります。

そのため、ネット保険の内容がわからない場合は、ネットで調べる以外にもコールセンターなどサポート体制がありますのでそれらを活用し、十分に保険の商品を理解したうえで、ネットから保険に加入しましょう。

注意点4:自分で内容を判断する

保険代理店に行き保険販売員からの説明がないネット保険では、どのような補償があるのかなどを全て自分に見ないといけません。

今、自分はどのような保険に入る必要があるのか、見直すなら、どこを以前の保険と変えるべきなのか、オプションを付けた場合の金額差など、気になる全て自分でチェックをする必要があります。

ネット保険に加入することを検討しよう

ネット保険は金額が安いけれど複数社の保険をじっくりと比較することができるというメリットがあります。

保険代理店を利用して保険に加入する場合は、取り扱っている保険会社ごとに代理店を変えて保険販売員から説明を受けることになるので、それと比べるとネット保険は時間も節約できます。

ご紹介したネット保険をオススメする7つの理由と、加入時の4つの注意点にきをつけてぜひ自分にあった保険をネットで探してみましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ