kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

イーデザイン損保の特徴6つ|加入を検討するときの注意点とは?

2020 10.21

イーデザイン損保とは?

自動車保険の更新が近づくと、高い保険料のため、継続するか悩む方は多いかもしれません。そうした方にイーデザイン損保がおすすめです。

イーデザイン損保は「確かな安心」と「おトクな保険料」を両立させた、ダイレクト型の自動車保険を取り扱う会社です。

東京海上グループの経験と実績を活かした安心を提供する一方、ダイレクト型ならではの多彩な割引も用意されています。この記事では特徴を解説しますので、ぜひ読んでみてください。

イーデザイン損保

イーデザイン損保の特徴6つ

損害保険会社はたくさんあります。東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、ソニー損保、おとなの自動車保険、アクサダイレクトなどが有名です。

ここからは、東京海上グループ/イーデザイン損保の6つの特徴を、理由と共に解説していきます。

イーデザイン損保の特徴1:24時間365日の事故受付対応

特徴の1つ目は、「24時間365日の事故受付対応」です。

自動車事故に遭った場合、土日を含む365日いつでも、事故受付が可能です。さらに、オペレーターから必要なアドバイスを受けられ、希望すれば事故の相手方と話してもらうこともできます。

また、相手方への連絡、代車の手配や修理工場への連絡、ケガがあった場合の医療機関への連絡といった初期対応もその日のうちに、迅速に行います。

イーデザイン損保の特徴2:セコム事故現場急行サービス

イーデザイン損保のすべての自動車保険契約には「セコム事故現場急行サービス」が付帯されています。

予期せぬ事故に不安や心配はつきものです。緊急対応のプロであるセコムが、いち早く事故現場にかけつけて事故対応のサポートをします。無料で利用することができ、事前の手続きも必要ありません。

これから「セコム事故現場急行サービス」のうち、「救急車の手配」「警察への連絡」「レッカーやタクシーの手配」を紹介します。

・救急車の手配

ただでさえ混乱している事故現場で、「救急車の手配」をすることは意外にハードルが高いことかもしれません。手配が必要かどうか、判断自体に困ることもあるでしょう。

「セコム事故現場急行サービス」は、この「救急車の手配」をサポートします。電話だけでは伝えきれない現場の状況も、実際にかけつけるセコムの緊急対処員がサポートするので安心です。

・警察への連絡

警察に電話をすることは、これまであまり経験のないことかもしれません。いざ電話をするときに、「何を、どう伝えたらよいのか」心配になることもあります。

「セコム事故現場急行サービス」は、「警察への連絡」もサポートします。

・レッカーやタクシーの手配

自力で走行できない車のレッカー手配や帰りの交通手段をどうするかなど、交通事故には対処しなければならないことが数多くあります。

「セコム事故現場急行サービス」は、こうした「レッカーやタクシーの手配」もサポートします。

事故のときには気が動転していて、十分な対応が取れないことが考えられます。プロがサポートをしてくれるなら、心強いでしょう。

イーデザイン損保の特徴3:専任担当者がついている

イーデザイン損保では、専任担当者が、「事故の状況確認」から「相手との示談交渉」「保険金のお支払い」まで対応します。

1人の担当者が窓口になることによる、「それぞれの担当者に何度も同じことを話さなければならない」「もう伝えたはずだけど…」といったことがありません。コミュニケーションがスムーズであることは、大きなメリットだといえるでしょう。

イーデザイン損保の特徴4:無料ロードサービス

イーデザイン損保のすべての自動車保険には、ロードサービスが無料でついています。

事故はもちろん、故障やバッテリー上がり、タイヤパンク、ガス欠といった車の突然のトラブルにも24時間365日で対応し、全国約9,300ヶ所の拠点からかけつけます。

無料で利用でき、鍵開けなどにも料金は発生しません。利用した場合でも、翌年の等級や保険料に影響しないので安心です。

イーデザイン損保の特徴5:メディカルコールサービス

イーデザイン損保の自動車保険には、メディカルコールサービスが無料でついています。医療相談サービスでは、からだの悩み、気になる不調といった健康相談窓口を利用できます。

医療機関案内サービスでは、「最寄りの医療機関を知りたい」といった要望に応えます。このサービスは、事故のときだけでなく、日常生活でも利用できます。

イーデザイン損保の特徴6:お得な割引がある

イーデザイン損保は、お得な割引が充実しています。

イーデザイン損保では、走行距離や使用目的、運転者限定といった細かな設定によって、保険料を安く抑える一方、インターネット割引、早割(45日前まで申し込み)、証券e割(保険証券を郵送しない)、ASV割引、新車割引など各種割引やキャンペーンに強みがあります。

他にも、契約時の免許証の色によって受けられる割引(ゴールド免許割引)もあります。

新規申し込み割引

インターネットから新規申し込みをした場合、「インターネット割引」として保険料を10,000円割引しています。

「最初からインターネットで申し込むのは不安…」という方もおられるかもしれません。そのような方は、コールセンターで問い合わせや見積もりも可能です。

電話で見積もりをした場合でも、最終的にインターネットから申し込むと、同額の「インターネット割引」が適用されます。

無事故割引

イーデザイン損保で契約してから1年間無事故だった場合、「無事故割引」として翌年の保険料が2%割引されます。

この「無事故割引」は、「ノンフリート等級別料率制度(等級制度)」の割引・割増に加えて適用されるため、等級にかかわらず、事故のなかったすべての人が対象です。

そして通常、等級による割引は20等級が上限ですが、イーデザイン損保なら「無事故割引」により、さらに割引を受けることが可能になります。

継続割引

「継続割引」は、イーデザイン損保での契約が2年目以降となる場合、契約年数に応じて保険料が割引される制度です。

契約を長く続けるほど割引率がアップし、保険料がおトクになります。2年目では0.5%ですが、7年目には3.0%の割引になります。前述の無事故割引と合わせて、最大5.0%という大きな割引率です。

イーデザイン損保の加入を検討するときの注意点

イーデザイン損保の特徴を6つ取り上げてきましたが、加入を検討する際に注意すべき点もあります。

バイクは、契約できません。ただしファミリーバイク特約は付帯可能です。リース車、キャンピングカーなども契約できない場合があります。また代理店型保険会社が行っているような長期契約はありません。

他にも、1日保険やドライバー保険など、取り扱っていない商品がいくつかあります。

特約が自動でセットされる

特約の中には自動セットされるものがあります。そのため保険会社の乗り換えや2台目の車を購入して契約する場合に、重複補償がないかチェックが必要です。

自動セットされる特約には「弁護士費用等保険」「他車運転危険保険(レンタカーで事故などを補償)」「無保険車事故傷害保険」などがあります。

また任意で付帯する「人身傷害保険」「個人賠償特約(日常生活賠償特約)」「ファミリーバイク特約」もチェックが必要でしょう。

保険料が比較的高め

イーデザイン損保の保険料は、他のダイレクト型自動車保険と比較して、高めに設定されている場合がありますが、補償と保険料のトータルバランスに優れています。

ホンダ・フィットの保険料(概算)をご紹介いたします。現在、「20等級」「年間走行距離が3,000キロ以下」の場合、新規インターネット割引10,000円を適用して「車両保険なし」で13,940円、「エコノミー車両保険あり」でも17,750円となります。

イーデザイン損保への加入を検討しよう

イーデザイン損保は、ただ安いだけの保険会社ではなく、ネット型の保険料と、「東京海上グループ」のメリットを活かした安心を提供しています。

ホームページにアクセスすれば、ワンクリックで見積もりを取ることもできます。また契約者ホームページでは、約款の取得、契約内容変更(住所変更や車両入れ替えなど)、保険証券の印刷も行えて、たいへん便利です。

この機会にぜひ一度、イーデザイン損保の加入を検討してみてください。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ