kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

自宅でお金を稼ぐ10個の方法|メリットや注意点もあわせて紹介

2020 10.21

自宅でお金を稼ぐ方法はあるのか?

スマートフォンやパソコンを扱う機会が増えたことによって、自宅でお金を稼ぐという選択をする人も増えてきました。副業や複業といった働き方の多極化が進んでいく中で、自宅でお金を稼ぎたい場合にはどのような方法があるのでしょうか。

今までの選択肢になかったものに向き合うことは、知らない世界だからこそ躊躇してしまいがちですが、知識として頭に入れておいて損はないでしょう。

自宅でお金を稼ぐメリット

自宅でお金を稼ぐことによって得られるメリットには、時間や場所の拘束がないことが挙げられます。決められた仕事を納期内にしっかりと終わらせることができれば、自分のペースで仕事をすることが可能です。

また、通勤時の満員電車や人間関係における悩みによるストレスの軽減も、自宅での自由な環境下で仕事ができるメリットと言えるでしょう。

自宅でお金を稼ぐ10個の方法

自宅でお金を稼ぐ方法はインターネット広告でも目にする機会が多く、フリマアプリやアンケートモニターなど、スマートフォンで気軽にできるものであれば学生でもスキマ時間で稼ぐことが可能です。

自宅でお金を稼ぐことができる方法を10個ご紹介しますので、知識として頭に入れておくことはもちろん、自分に合った方法であれば取り入れてみるという選択の参考にしてください。

自宅でお金を稼ぐ方法1:ライティングをする

ライティングは未経験または無資格でも始めることができるため、自宅で稼ぐ方法として取り入れやすいものであると言えるでしょう。

ライティングというと文章力に不安がある人にとっては躊躇してしまいがちですが、シンプルな文章の組み立てができれば問題なく仕事ができるため、まずは安価なライティング案件を多くこなすことで自信を付けることが望ましいです。

自宅でお金を稼ぐ方法2:不用品を売却する

家にある不用品を売却するという方法で稼ぐ場合には、オークションサイトやフリマアプリを活用すると良いでしょう。オークションとフリマアプリでは販売価格の設定方法に違いがあるため、自分に合った方法を選んで販売することが望ましいです。

また、不要なものを必要とする誰かに使ってもらうことは、ごみの削減など環境問題にもつながる有意義なお金の稼ぎ方と言えるでしょう。

自宅でお金を稼ぐ方法3:アフィリエイト

アフィリエイトとは成果報酬型の広告のことであり、ブログやホームページを自身で運営している人は収入につながるアプローチができる方法です。

ブログやホームページに広告を掲載することで、そこに対して訪問者がクリックや商品購入などのアクションを取った際に成果報酬を得ることができます。

また、アフィリエイトでお金を稼ぐには、運営するサイトの訪問者が興味を持ちそうな広告を掲載するなどのリサーチも重要となるでしょう。

自宅でお金を稼ぐ方法4:株式投資をする

株式投資とは株式会社が発行する株式を所有して、経営や配当金獲得の権利を得ることであり、自宅でお金を稼ぐ方法としては比較的長く知られてきたものと言えるでしょう。

株式投資を始める際には証券口座の開設や入金が必要なため、初期投資としてまとまったお金を用意しなくてはいけません。また、確実にお金を稼げるという確約のあるものではないため、投資先の見極めやリサーチのうえ、始めることが望ましいです。

自宅でお金を稼ぐ方法5:アンケートモニター

アンケートモニターとは、商品やサービスにおける市場調査に協力して報酬を得る方法であり、自宅でスキマ時間を使ってお金を稼ぐことが可能です。

アンケートモニターには、Webアンケートから質問に答えるものや、会場での座談会に参加したりスキンケアなどの商品を試して感想を答えるなどさまざまなものがあり、報酬も案件によって異なります。

自宅でお金を稼ぐ方法6:ストックフォトを利用する

投稿型のストックフォトサービスでは、スマホで撮った写真を販売することが可能になります。このようなサービスは素人だけでなくプロのカメラマンも利用しているため、写真の撮り方や構図などから差別化を図る必要があるでしょう。

ストックフォトを利用して写真を購入する人は、自分では撮ることのできない写真や、使いたい場面に適した写真を選ぶため、投稿する写真においては売れやすいものをリサーチすることが望ましいです。

自宅でお金を稼ぐ方法7:クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、企業が案件ごとに業務を発注するものであり、不特定多数に向けて業務発注を行っているため、受注者はさまざまな案件の中から自分のスキルに合った業務を選び、納品した成果物に対する報酬を得ます。

また、クラウドソーシングサイトには特別なスキルが必要な案件から、初心者にもできる簡単なライティングやアンケートなどの案件もあるため、まずは登録して案件を確認してみると良いでしょう。

自宅でお金を稼ぐ方法8:ポイントサイトを利用する

ポイントサイトとは、ポイントを貯めてお小遣いを稼ぐことができるサイトであり、登録料や利用料は無料のため初期投資も必要ありません。

ポイントを獲得する方法には、ゲームやアンケートなどの案件をこなすこと、サイト経由で商品購入やクレジットカードを作ること、友達を紹介することなどがあります。

そしてポイントサイトでは高額案件もあるため、スキマ時間に単価の高い案件をクリアすることでポイントを貯めることが可能でしょう。

自宅でお金を稼ぐ方法9:FXをする

FXとは外国為替証拠金取引が正式名称であり、各国のお金の価値における人気の強弱を表した為替レートの変動による差益を目的とした金融商品です。

FXも株式投資と同じように口座開設や初期投資が必要ではありますが、レバレッジというシステムがあるため、少額な資金でも大きな金額を投資することができます。しかし、FXも収入を確約するものではないため、運用資金においては自己管理が重要になるでしょう。

自宅でお金を稼ぐ方法10:プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を用いてコンピューターに指示を出すことで、Webサイトやゲーム、家電製品における制御システムの組み込みなど、他にもさまざまなシステムやソフトウェアの構築を行う職業です。

プログラマーはプログラミングにおける専門的な知識と、IT業界における情報のアップデートが常に求められるため、学習が苦にならない人はスキルを活かしながら自宅でお金を稼ぐことができるでしょう。

自宅でお金を稼ぐときの注意点3つ

自宅でお金を稼ぐ場合には、仕事のスケジュール管理や収入面の問題から税務処理に至るまで全て自己責任のうえで行わなければならず、業務以外にも気を配る必要があるでしょう。

この注意点について説明しますので、管理しなくてはならないことについての詳細をしっかりと頭に入れておきましょう。

自宅でお金を稼ぐときの注意点1:収入が安定しにくい

自宅でお金を稼ぐ場合には安定した収入の確約がないため、仕事を頑張ったら収入は見込めますが、反対に仕事をしなければ無収入になります。

月にどのくらいの収入が必要なのか、そのためには一日何件の仕事をする必要があるのかなどの明確な計画が重要となるでしょう。

しかし、最初から安定した収入を得ることは難しいため、案件の見極めやスキルアップのための勉強などによって計画的な収入目標を立てることが望ましいでしょう。

自宅でお金を稼ぐときの注意点2:税務処理を忘れてしまう

自己管理の下で稼ぐ場合には税務処理が必要になるため、収入や経費などにおいての管理もしっかりと行いましょう。

自宅でお金を稼いでいる場合には、年間の所得が38万円を超える際に申告の義務が発生するため、収入を把握していないことや税務処理を忘れてしまうことが起きないように注意が必要です。

国税庁

自宅でお金を稼ぐときの注意点3:慣れるまでに時間がかかる

自宅でお金を稼ぐ際には仕事におけるスケジュールや収入の管理はもちろん、集中できる環境作りなどにも注意を払い、仕事の継続に努めなければならないため、毎日の自己管理が重要となるでしょう。

会社では当たり前に制限されていたことがなくなると、自由や解放感を得られますが、裏を返せば自分を律することができなければ成り立たないため、慣れるまでには時間がかかることも頭に入れておく必要があります。

自宅でお金を稼ぐ方法を実践してみよう

ネット環境を当たり前に使うようになった昨今では、自宅でも自己管理の下でお金を稼ぐことが可能になり、その方法もさまざまなため自由度の高い働き方が叶います。

自宅でお金を稼ぐことにおいてのメリットや注意点を踏まえたうえで、自宅で稼ぐ方法に魅力を感じた人は興味のあるものから実践してみましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ