kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

d払いのメリット9つとデメリット|d払いはドコモユーザー以外も使える?

2021 04.12

d払いとは?

最近は、さまざまな決済方法が広まりつつありますが、そのなかで「d払い」という言葉を耳にしたことも多いのではないでしょうか。d払いとは、ドコモが提供するスマホ決済サービスのことです。

 

「スマホ決済サービス」は、スマートフォンがあれば手軽に利用できるうえ、利便性も高いことから、急速に普及しています。では、d払いとは、具体的にどんなサービスでしょうか。今回の記事では、d払いのメリットを詳しく解説します。

d払い

d払いはドコモユーザー以外も使える?

d払いは、ドコモが提供しているスマホ決済サービスであるとはいえ、ドコモユーザー以外でも使えます。専用アプリをインストールし、dアカウントを作成することで、だれでも簡単に利用できるようになります。

 

お使いのスマートフォンが、ドコモの携帯でなくても構いません。手続きが済めば、ネットショップなどの決済で利用したり、ポイントを貯めたりしながら、活用できます。

d払いができるお店

d払いは、「ネットショッピング」のほかに、「街のお店」といった実際の店舗でも利用できます。コンビニやドラッグストア、百貨店やファミリーレストランなど、使用できるお店や場面もさまざまです。

 

d払いが利用できる店舗を探したい場合は、「d払いアプリ」の使えるお店ボタンからチェックすることもできますし、ドコモが用意している「街のお店から探す」というウェブサイトから、直接確かめられます。

d払いの手順

では実際に、d払いをどのように利用できるでしょうか。d払いの手順をご説明します。

 

「コードを見せて支払う場合」は、「d払いアプリを起動して、バーコード(またはQRコード)を表示」させ、「お店の方に読み取ってもらう」ことで、支払いが完了します。

 

「コードを読み取って支払う場合」は、「読み取る」タブをタップしてカメラを起動させ、お店側のコードを読み取って、金額を入力することで、支払いをおこなえます。

d払いの支払い方法4種

では、d払いの最終的な支払いはどのようにおこなうのでしょうか。「d払いの支払い」には、いくつか方法があり、自分に合ったもので選択できます。

 

その方法とは、「dポイントを使う」「電話料金合算」「d払い残高」「クレジットカード支払い」という4つです。これから、それぞれの利用方法や利用限度額を解説いたします。

d払いの支払い方法1:dポイントを使う

d払いの支払い方法の1つ目は、「dポイントを使う」ことです。そもそも、「dポイント」とは何でしょうか。dポイントとは、ドコモが提供しているポイントサービスのことです。

 

利用方法は、d払いアプリを起動して、「dポイントを利用する」ボタンを押して選択するだけです。あとはいつも通り、バーコードの提示、またはQRコードの読み取りを選んで、支払います。dポイントの利用限度は、利用可能ポイントの範囲内です。

d払いの支払い方法2:電話料金合算

d払いの支払い方法の2つ目は、「電話料金合算」方法です。こちらは、ドコモの回線契約をもっている人に限られますが、毎月の携帯料金の支払いに合算させて、d払いの支払いをおこないます。

 

利用限度額は、「年齢」と「契約期間」によって異なりますが、月1万円から月10万円まで設定できます。月々の携帯電話料金に合算して請求されるため、引き落とし日は、普段の携帯料金の引き落とし日と同じになるでしょう。

d払いの支払い方法3:d払い残高

d払いの支払い方法の3つ目は、「d払い残高」です。d払いは、「d払い残高(ドコモ口座)」に入っている残高の範囲内で、支払いをおこなえます。この場合、d払い残高から購入時に利用金額を出金します。

 

利用方法は、d払いアプリを起動し、支払方法から「d払い残高からのお支払い」に設定します。あとはいつも通り、バーコードの提示、またはQRコードの読み取りを選んで、支払うだけです。

d払いの支払い方法4:クレジットカード支払い

d払いの支払い方法の4つ目は、「クレジットカード支払い」です。d払いは、クレジットカードを登録しておくことで、便利に使えます。限度額は、クレジットカードのご利用枠内となります。

 

利用できる国際ブランドは、VISA、Master、American Express、JCBです。請求は、クレジットカード会社を通しておこなわれるので、請求日はクレジットカード会社の引き落とし日に準じます。

d払いのメリット9つ

では、d払いには、どんなメリットがあるでしょうか。ここから、d払いのメリットを9つ、解説します。

 

その9つとは、「キャッシュレスで買い物ができる」「ドコモユーザーでなくても利用できる」「使い始めの設定が簡単」「チャージせずに使える」「dポイントが貯まる」「支払いにdポイントが使える」「ポイント還元率が上がるキャンペーンがある」「dカードでポイント二重取り」「利用金額の設定ができる」です。

d払いのメリット1:キャッシュレスで買い物ができる

d払いのメリットの1番目は、「キャッシュレスで買い物ができる」ことです。なにより、クレジットカードをもっていない人でも、キャッシュレスでの買いものが可能です。

 

d払いには、クレジットカード払いのほかに、電話料金合算などの支払い方法があります。つまり、ドコモユーザーであれば月々の携帯料金と一緒に支払いをおこなえます。クレジットカードはちょっと…と思っておられる方にも、この方法は手軽で便利でしょう。

d払いのメリット2:ドコモユーザーでなくても利用できる

d払いのメリットの2番目は、「ドコモユーザーでなくても利用できる」ことです。ドコモが提供しているスマホ決済サービスですが、ドコモに契約がない人でも利用できるというメリットがあります。

 

dアカウントを取得し、アプリをインストールすれば、だれでも利用可能です。ただし、「電話料金合算払い」など、一部機能はドコモユーザーしか使えませんので、その点は注意が必要です。

d払いのメリット3:使い始めの設定が簡単

d払いのメリットの3番目は、「使い始めの設定が簡単」ということです。d払いは、アプリのインストールから、実際に使い始めるまでの設定がとても簡単です。とくに申し込みをする必要もありません。

 

まず、「Google Play」や「App Store」からd払いアプリをダウンロードして、インストールします。その後、初期設定とパスワード入力をおこなえば、使用できるようになります。

d払いのメリット4:チャージせずに使える

d払いのメリットの4番目は、「チャージせずに使える」ことです。d払いは、プリペイドカード式の電子マネーとは違って、チャージせずに利用できるので、便利です。

 

通常、プリペイドカード式の電子マネーは、残高がなくなるたびにその都度、チャージ(入金)をおこなわなくてはなりません。このチャージが、あんがい手間で、不便に感じる人も多いでしょう。しかし、d払いは、チャージの必要がないので、たいへん便利です。

d払いのメリット5:dポイントが貯まる

d払いのメリットの5番目は、「dポイントが貯まる」ことです。d払いを利用すると、dポイントが貯まります。還元率は、「街のお店」で利用した場合は0.5%、「ネットのお店」で利用した場合は1.0%となります。

 

つまり、実店舗でのお支払いなら200円で1ポイント、ネット利用の決済では100円で1ポイントの「dポイント」が付与される計算です。

d払いのメリット6:支払いにdポイントが使える

d払いのメリットの6番目は、「支払いにdポイントが使える」ことです。毎日の買いものでd払いを利用していると、dポイントが貯まり、その貯まったポイントは「1ポイント1円」として加盟店で利用できます

 

ドコモが提供している決済に、「ドコモ払い」というよく似たサービスがありますが、こちらは「ネット上での支払い」にのみ対応しています。また、ドコモ払いでは、dポイントを貯めたり、使ったりすることはできません。

d払いのメリット7:ポイント還元率が上がるキャンペーンがある

d払いのメリットの7番目は、「ポイント還元率が上がるキャンペーンがある」ことです。d払いでは、さまざまなキャンペーンが開催されており、利用すればdポイントがたくさん貯まります。

 

たとえば、「お買い物ラリーで+50%還元キャンペーン」や「毎週金・土曜日は還元ポイントアップキャンペーン」といったキャンペーンが、毎月開催されています。ホームページなどでチェックし、上手に使いこなすとお得でしょう。

d払いのメリット8:dカードでポイント二重取り

d払いのメリットの8番目は、「dカードでポイント二重取り」ができることです。d払いは、支払った金額に応じてdポイントが貯まっていきますが、実は二重取りも可能です。

 

方法は、「dポイントカード、またはモバイルdポイントカードを提示」したのち、「d払いで支払う」だけです。これでdポイントカードでポイントが貯まり、加えてd払いでポイントが貯まります。

 

さらに、キャンペーンを活用すると、三重取りも可能です。

d払いのメリット9:利用金額の設定ができる

d払いのメリットの9番目は、「利用金額の設定ができる」ことです。これにより、使いすぎてしまうといったことを防げるでしょう。

 

自分で限度額の設定をおこなわない場合、自動的に上限額で設定されています。この限度額は、1000円単位で設定できますので、もし使いすぎてしまうことが心配であれば、あらかじめ限度額をさげておくとよいでしょう。

d払いのデメリット

もちろん、d払いにはメリットだけでなく、デメリットもあります。とくに、「おサイフケータイ」を利用されている方は、支払いのときに「手間がかかる」と感じる場合があるでしょう。

 

d払いを利用するためには、アプリを起動させる必要がありますが、かざすだけで済む「おサイフケータイ」と比べて、ロック画面を解除し、アプリを立ち上げ、バーコードやQRコードを表示させるといった手順は、デメリットとなるでしょう。

d払いの注意点3つ

d払いを実際に利用する際、どんな点に注意が必要でしょうか。ここではd払いの注意点として、「少額の支払いに注意」「dポイントの反映時期や期限に注意」「スマホのバッテリー切れに注意」という、3つを取り上げます。

 

それぞれ、どうして注意が必要なのか、もう少し詳しく解説します。

d払いの注意点1:少額の支払いに注意

d払いにおける注意点の1つ目は、「少額の支払いに注意」が必要なことです。それは、少額の支払いではポイントが付かない場合があるからです。

 

たとえば、「街のお店」で利用する場合、d払いでは、200円ごとに1ポイントのdポイントが貯まります。これはつまり、200円未満の支払いでは、ポイントが還元されないということです。ですから、少額の支払いでは、それが何回あっても還元されないため、注意が必要です。

d払いの注意点2:dポイントの反映時期や期限に注意

d払いにおける注意点の2つ目は、「dポイントの反映時期や期限に注意」が必要なことです。

 

実店舗あるいはネットでd払いを利用した場合、通常は決済処理が完了した段階で、ポイントが還元されます。獲得したdポイントの有効期限は、48カ月後の月末までです。

 

ただし、キャンペーンで獲得したdポイントは、還元時期や有効期限が、そのキャンペーンごとに異なっており、即時還元されるわけではありません。

d払いの注意点3:スマホのバッテリー切れに注意

d払いにおける注意点の3つ目は、「スマホのバッテリー切れに注意」が必要なことです。d払いに限らず、スマホ決済サービスは、支払いのためにアプリを立ち上げる必要があり、スマホのバッテリー切れになると決済ができません。

 

ですから、急な電池切れにも対応できるよう、「モバイルバッテリー」を携帯するとよいでしょう。もし、支払いのほとんどをスマホ決済でおこなっているなら、モバイルバッテリーは必須アイテムです。

d払いのメリットやデメリットを知ろう

スマホ決済サービスがいくつも登場していますが、なかでもd払いは、たくさんのメリットがある、魅力的な決済サービスです。もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

ですから、メリットとデメリットをよく理解したうえで、利用することが大切でしょう。今回の記事では、d払いのメリットや注意点を取り上げました。ぜひこれらの情報を活用して、d払いを検討してみましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ