kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

おすすめの低リスク投資6選|低リスク投資のポイントや低リスク投資を始めるべき理由を紹介

2024 07.9この記事はPRを含みます

おすすめの低リスク投資がよくわからないんだよね。

そうなんだ。おすすめの低リスク投資について教えるね。

ありがとう、先生!低リスク投資のポイントや低リスク投資を始めるべき理由についても知りたいな。

なるほどね。低リスク投資のポイントや低リスク投資を始めるべき理由もあわせて教えるね。

低リスク投資とは

「低リスク投資」とは、言葉の通りリスクが低く、比較的に安定して収益のでる投資のことです。

 

投資は資産運用の1つです。資産運用には他に貯めることに特化した預金もありますが、投資は預金よりも資産を増やしやすいかわりに減る可能性もある、というリスクを伴っています。

 

また投資によるリスクとリターンは比例する関係にあり、リスクが少ない投資は必然的にリターンも少なく、リスクが大きい投資はリターンも大きくなります。

低リスク投資の現状

現状、投資初心者でも手が出せるような低リスク(ローリスク)投資の資産運用方法が増えており、色々な種類の投資方法の中から選べるようになっています。

 

ちなみに、低リスクではなく高リスク高リターンと言われているものにはFXや仮想通貨取引などがあり、中リスクで中リターンの投資としては不動産投資が有名でしょう。

おすすめの低リスク投資6選

ここでは、おすすめの低リスク投資6つについて紹介します。低リスクなだけでなく、少額で始められる投資もいくつかあるため、投資初心者に対してもおすすめの投資となっています。

 

投資に興味はあるけれど損する可能性があるため怖くてできないという方や、投資初心者で何に投資したらよいのか分からない、といった人はぜひチェックしてみてください。

おすすめの低リスク投資1:投資信託

「投資信託」は投資家から資金を集め、その資金を専門家が運用するというタイプの投資です。低リスクならば、国内債権のように比較的安定しているファンドを取り扱う投資信託を選びましょう。

 

投資信託の全てが低リスク投資という訳ではない、という点に注意が必要です。投資信託は低リスク投資であるとよく調べずに投資してしまった場合、値動きの激しい投資信託を選んでしまう可能性があります。ファンド選びは慎重に行いましょう。

おすすめの低リスク投資2:債券投資

「債権投資」は国や地方公共団体、企業などが資金調達方法として発行した債権を購入する、という投資です。債券投資では債務者である国や地方公共団体、企業から利子が入る他、償還日には元本が返ってきます。

 

なお、途中で債権を手放したくなった場合は償還日前に売却できます。民間債として社債も債券投資の対象ですが、国債や地方債、政府関係機関債などに投資するとさらに低リスク投資となるでしょう。

おすすめの低リスク投資3:REIT(不動産投資信託)

「REIT(リート)」は投資信託の1つですが、投資の対象が不動産になるため不動産投資信託と呼ばれることもあります。主に不動産で投資信託する、という形です。

 

不動産投資というと、ある程度の自己資金が必要になります。リスクも低リスクとは言えませんが、REITならば不動産の専門家が運営してくれることや、10万円前後の少額から投資が可能で流動性も高いため、比較的に低リスクで投資できます。

おすすめの低リスク投資4:株式投資

「株式投資」は資産運用方法の1つで、企業が発行した株を購入することでその企業を支援して、配当金や株主優待、値上がり益などのメリットが得られる投資です。

 

株式投資は全てが低リスクという訳ではないので、注意しましょう。大きな利益を狙う場合は、高いリスクを覚悟する必要があります。しかし、株価や経営の安定している企業に株式投資すれば、比較的に低リスクでの投資となるでしょう。

無料セミナーもありますので、初心者の方はまず受講してみてはいかがでしょうか。

株式投資スクール

おすすめの低リスク投資5:NISA投資

「NISA(ニーサ)」は少額投資非課税制度、という投資を促すための制度のことです。

 

NISAは1人1口座、投資で得た利益が一定期間、非課税になります。投資で利益を得た場合は通常約20%課税がありますが、NISAの適用範囲なら税金はかかりません。

 

NISA投資というのは、NISAを活用できる少額投資、ということになります。

マネックス証券でNISAの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

第三者評価機関であるゴメス・コンサルティング株式会社「2010年1月オンライン証券ランキング」の「サイトの使いやすさ」で第1位を獲得しました。

「サイトの安定性と信頼感」「便利な機能・サービス」「バイ&ホールド重視型」の各部門で1位を獲得するなど、第1位獲得数はノミネートされたオンライン証券の中で最多となっています。

マネックス証券

おすすめの低リスク投資6:iDeCo(個人型確定拠出年金)

「iDeCo(イデコ)」は個人型確定拠出年金で、私的に加入できる年金です。

 

iDeCoには掛け金が全額所得控除・確定拠出年金制度内ならば運用益が非課税・受給時にも所得控除があるなど、税制上の優遇措置があります。投資する金融商品は、自分で選ぶ必要があります。

 

メリットの多いイデコですが、年金としての積み立てなので60歳まで引き出せないことや、口座管理料がかかるといった注意点もあります。

15年を超える運営実績で加入者数No.1のSBI証券でiDeCoをはじめてみませんか。加入者数は No.1で初心者の方にも安心してはじめていただけます。

SBI証券 iDeCo

低リスク投資のポイント5選

低リスク投資には、リスクが低いというだけでなく色々なメリットがあります。

 

投資は基本的にリスクとリターンが比例しており、低リスクならば低リターンになるというデメリットはあります。しかし安定的な投資を目指すなら、低リスク投資がよいでしょう。

低リスク投資のポイント1:少額の資金から始められる

低リスク投資はリスクを少なくするために少額の資金で始められる投資が多く、投資の初心者の方や、投資資金が少額の方でも始められるメリットがあります。

 

多額の資金でも低リスク投資は可能でしょう。しかし、少額の資金からでも始められることが低リスク投資のポイントです。

低リスク投資のポイント2:初期費用が必要

低リスク投資は少額から始められる投資が多いため、投資に必要な初期費用を抑えられる、というポイントがあります。

 

投資に使うお金は、基本的に「余裕資金」でとよく言われています。生活費を投資に使ってしまうと、万が一損がでた時に生活費が足らなくなり、困窮してしまうことがあるからです。

 

低リスク投資なら投資に必要な初期費用が少額から始められるため、負担は大きくならないでしょう。

低リスク投資のポイント3:リスクの分散が可能

少額から始められる投資が多い低リスク投資は、少額なので色々な投資を試すことでリスクの分散ができるというメリットがあります。

 

投資する際には、分散投資してリスクに備えるのが基本です。分散投資するにはそれなりの資金が必要になりますが、低リスク投資なら少額から始めやすいため、分散投資も容易になるでしょう。

 

もともと低リスクな投資でさらに分散投資して、資産運用を安定させましょう。

低リスク投資のポイント4:元本保証の有無

低リスク投資するなら、元本保証がある投資の方が安全でしょう。元本保証のある投資はそう多くはありません。

 

しかし、例えば日本の個人向け国債のように、ほとんど元本割れの心配がない債権投資はあります。社債も元本割れの心配はあまりありませんが、発行している企業が破綻した場合は影響を受ける可能性があります。

低リスク投資のポイント5:カントリーリスクの有無

低リスク投資するなら、投資につきもののリスクをなるべく抑えておくことが大切です。カントリーリスクとは、外国に投資した場合に、その国特有の政治や経済、治安などの理由によって起こるリスクです。

 

カントリーリスクがある国の場合、国債であっても、安心できない場合があります。例えば、投資した国で内戦が起こったり、デフォルトしたりすると投資にも影響がでてしまう可能性が高くなってしまいます。

低リスク投資を始めるべき理由4つ

投資を始める人は、どんどんと増えてきています。どうして投資を始める人が増えているのか、始めた方がいいのかその理由について見ていきましょう。

 

日本では長らく貯蓄が多くを占めており、投資している人はそんなに多くはない時代が続いてきました。しかし、そんな貯蓄重視の姿勢からだんだんと投資に興味を持つ人が増えてきて、とくに近年では副業として投資を始める人もでてきています。

低リスク投資を始めるべき理由1:金利が期待できない

低リスク投資を始めるべき理由として、まず預金に回しても金利が低すぎるために金利に期待できないということが理由にあります。

 

長らく低金利時代が続いているため、銀行に預金として預けておいてもほとんど利息はつかない状態になっています。そのため、預金でつく利息よりも高い利益が得られる上に、比較的に安全な低リスク投資をする人が増えているのでしょう。

低リスク投資を始めるべき理由2:高齢化社会への不安が大きい

高齢化社会になっている今、自分自身の老後の資金や年金への不安から、少しでも資産運用で資産を増やそうとしている人が増えていることも理由の1つでしょう。

 

少子高齢化が続けば、将来もらえる年金が減ってしまう可能性がある、と年金に対して不安を抱いている人は少なくありません。老後の資金の必要額を計算して、心配になってしまう人もいます。そうした将来への不安から、少しでも資産を増やせる投資が注目を集めています。

低リスク投資を始めるべき理由3:収入アップが難しい

近年副業を推奨する企業が増えてきていますが、色々な理由により企業の経営が厳しくなったり社会の影響などにより、給料アップが難しいといった理由から収入を確保するために投資を始める場合があります。

 

サラリーマンでも、副業として投資を始める人が増えてきています。思うように収入アップが望めない状況にある場合は、低リスク投資で収入アップを目指すのも一手でしょう。

低リスク投資を始めるべき理由4:財産に対する意識を高められる

低リスク投資という形で資産運用を始めることで、自分が持っている財産についての意識や、将来必要となる費用についてなど、金銭にまつわる将来についての意識が高められるでしょう。

 

投資にいくら回せるのか、余裕資金を計算することで自分にとって必要な生活費が分かる、といったメリットもあるでしょう。

低リスク投資のポイントを理解して実践しましょう

低リスク投資は少額から始められ、分散投資してさらにリスクに備えることもできる投資です。そういう意味で、投資初心者の人や投資に使えるお金が少ない人にもおすすめの投資方法となっています。

マネックスアドバイザー

低リスク投資のポイントをしっかり理解して、自分の目的に沿った投資を選んで挑戦してみましょう。

 

投資に関連する記事を以下のリンク先にまとめていますので、興味がある方はご参照ください。

投資を始めるタイミングの注意点5つ!投資信託を決める時のポイントも紹介

投資は副業にならない!サラリーマンの副業にオススメの投資8選!確定申告についても解説!

専業投資家になるために必要なステップ5つ|後悔しないための方法とは?

投資家に向いてる人の特徴とは?投資家に向かない人の特徴5つを紹介

個人投資家で有名な日本人とは|国内で人気の個人投資家ブログ3選

おすすめの低リスク投資6選|低リスク投資のポイント5選などを紹介

 

お金の勉強をしてみませんか

これからに備えて、資産形成や投資信託を検討している方も多くいらっしゃると思います。

そんな方に株式会社FinancialAcademyが開催する「お金の教養講座」をご紹介します。

「お金の教養講座」は累計70万人以上が受講した人気講座となります。

この講座だけで、資産形成や投資信託の要点をしっかり押さえることができます。

無料体験セミナーもありますので、おすすめです。

お金の教養講座

 

株式投資のセミナーについて

株式投資に興味がある方もいらっしゃると思います。

知識なしで株式投資を始めると、約20%の人しか利益を出すことができないと言われています。

そこで、株式会社FinancialAcademyが開催する「株式投資スクール」をご紹介します。

投資初心者から経験者まで満足できる体系的なカリキュラムであり、株式投資の正しいルールと、成果を出すためのノウハウがわかるセミナーとなります。

本セミナーでは、株式投資で利益を上げるための道筋を学んでみませんか。

無料の体験セミナーもありますので、ぜひ受講してみてください。

株式投資スクール

 

不動産投資セミナーについて

不動産投資に興味がある人もいると思います。

そこで、体系的なカリキュラムで不動産投資で成功するために必要な知識を学ぶことができるセミナーがございます。

株式会社FinancialAcademyが開催する「不動産投資スクール」を受講してみてはいかがでしょうか。

初心者から経験者までいずれの方でも満足できる内容となっています。

不動産投資スクール

 

投資に関するセミナーについて

投資家を目指すにあたっては、投資に関するセミナーの受講をおすすめします。

株式会社Free Life Consultingが開催する「投資の達人になる投資講座」は、投資の基礎から解説されるため、初心者でも安心です。

無料入門講座もありますので、ぜひ受講してみてはいかがでしょうか。

投資の達人になる投資講座

 

\ お金の勉強をしよう/
ページの先頭へ