kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

おとなの自動車保険の特徴7選|おとなの自動車保険の口コミ・評判4選を紹介

2020 10.21

おとなの自動車保険とは?

ネット保険で人気の自動車保険のひとつである「おとなの自動車保険」はセゾン自動車火災保険による「40代~50代」のための保険で、保険料が安いという評判でよく知られています。

おとなの自動車保険は、事故率が低くなる40代や50代をターゲットにした大人のための自動車保険です。料金プランがとてもわかりやすく事故対応の評判が良いと言われています。

おとなの自動車保険

おとなの自動車保険の特徴7選

自動車保険には保険会社によってそれぞれ特徴があり、おとなの自動車保険にももちろん特徴があります。おとなの自動車保険の保険会社はセゾン自動車火災保険です。

いろんな評判の自動車保険がある中で比べるにはどう見比べればよいのでしょうか。ここでは7つを厳選して説明していきます。

おとなの自動車保険の特徴1:インターネット見積もりや契約ができる

インターネットで見積もりや契約まで完結できるので、いつでも24時間365日どこでも申込みができ、保険料が安いことがメリットです。

保険料が安い理由は、窓口での人件費がかからないことが理由です。保険加入者は、自分のペースで手続きを進めることができます。マイページから契約内容やPDF形式のデジタル保険証券を確認、印刷することができます。

自動車を買い替えた時などの手続きも、用意するものをそろえて条件を満たせばインターネットのマイページから手続きができます。

おとなの自動車保険の特徴2:保険料は走行距離が対象

過去1年分の自動車で走った分を年間走行距離として適用して保険料を出します。基本的にはオドメーターを利用して走った分を申告します。

オドメーターとは、自動車の走行距離を表示している大半が運転席正面にあるメーターのことです。日常的な買い物、レジャー、家族の送迎など、走行距離が少ないほど保険料は安いでしょう。

通勤などで長距離を毎日走る場合ではなく、走行距離が少ないという人は走る分だけの保険料だと保険料の節約にもなります。

おとなの自動車保険の特徴3:割引プランの充実

おとなの自動車保険は、新規であっても2年目以降の継続であってもインターネット割引が10000円となります。また、早割として契約開始日まで50日前と30日前の契約で600円、400円とそれぞれ割引になります。

満期をもって他の保険会社から切り替えたり、新規加入(保険始期日が納車日から1ヶ月未満であるなどの一定条件あり)で当日の加入もできますが、この場合はインターネット割引適用外となるので気を付けましょう。

そのほかにも様々な割引プランがありますので、加入を検討する際には参考にしてください。

豊富な割引プランーおとなの自動車保険ー

おとなの自動車保険の特徴4:無料のALSOK事故現場安心サポート

事故現場安心サポートとして、もしもの事故の時にはALSOK隊員が事故現場にかけつけて事故対応のサポートをしてくれます。

事故相手の間に入って立ち合いをしてくれるので、たとえ一人で事故を起こしたり、巻き込まれてしまった場合でも安心することができます。現場写真撮影や救急車の手配等もしてくれるので心強い味方になってくれるでしょう。

事故時代車費用特約を付けておくと、修理期間中のレンタカー費用を負担してくれます。また、ロードアシスタンス(ロードサービス)の利用回数は保険期間中であれば何回でも利用できるのも評判です。

ALSOK事故現場安心サポート

おとなの自動車保険の特徴5:基本補償と選べる補償

おとなの自動車保険は基本補償がしっかりしているので、選べる補償を組み合わせることで補償内容をカスタマイズできて評判です。

対人・対物はもちろんのことですが、任意保険未加入の運転手との事故にそなえて無保険車傷害保険を無制限、自損事故損害、他車運転も基本補償に含まれているため基本補償で多くの補償が付いてくるので、最悪基本補償だけでも安心できる自動車保険です。

車両保険、搭乗者傷害などの選べる特約を自由に組み合わせて自分の納得がいく自分だけの自動車保険ができます。また、おとなの自動車保険でのえらべる補償には、ファミリーバイク特約、車両身の回り品補償、被害者救済費用特約なども付け加えることができます。

補償内容

おとなの自動車保険の特徴6:クルマ以外の日常賠償事故も補償

おとなの自動車保険では、自動車だけではなく日常生活の中でのトラブルをも補償してくれる個人賠償責任特約という補償があって評判です。

他人のものを壊してしまったり、けがをさせてしまったなど日本国内で起こった自動車事故以外の日常生活での事故を起こした時、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金を支払ってくれます。

これは家族全員が補償の対象となるので自分や家族全員が安心できる補償にもなることも評判です。

個人賠償責任特約

おとなの自動車保険の特徴7:お客さまのご要望を形にしてHPで公開

おとなの自動車保険では、お客さまのご要望を形にとお客さまからもらった大切な意見や要望、苦情にきちんと耳を傾けてひとつずつ形にしていく取り込みを行っています。

ただ意見を聞いてそのままにするのではなく、実際に行動にうつすことで評判を得ています。その取り組みの内容を一部紹介していきます。

事故経過の確認ボタンと設置

利用者の声を受け、マイページで「事故経過の確認」でき、進捗状況を手軽にチェックすることができるため安心です。

マイページに「事故経過の確認」ボタンを設置し、事故対応進捗確認ページへの入り口をわかりやすくしました。

見積もりデータの削除

見積もりデータの削除の要望に関しては、形にした対処内容が2017年に記載されています。

マイページに保存されているお見積もりを削除できるようになりました。なお、一度削除したお見積りは元に戻すことができませんので、ご注意ください。

つながるアプリをリリース

つながるアプリをリリースの要望に関しては、形にした対処内容が2017年に記載されています。

スマートフォン向けの「つながるアプリ」をリリースしました。事故や故障時に受付デスクにすぐに連絡できるだけでなく、契約情報や位置情報を保険会社と共有することができます。

おとなの自動車保険の強み4選

おとなの自動車保険の強み1:保険料満足度

おとなの自動車保険は、40代50代の人の保険料がお得なので、満足度が高いと言われています。

40代に限らず事故率が下がってくる35歳以上から保険料がおさえられる仕組みになっています。車の走行距離で保険料が安くなったり、割引プランも多く人気があり評判が良くなっているのではないかと考えられます。

おとなの自動車保険の強み2:補償内容満足度

おとなの自動車保険の補償内容満足度については、もともと基本補償の内容が充実していて、そのほかの補償内容を自分でカスタマイズしていけることも強みの1つです。

きめ細やかに自分で内容をカスタマイズできるので、わかりやすく安心できると評判です。基本の保険料が安いので、その分補償内容を充実させるのも良いでしょう。

おとなの自動車保険の3:顧客対応満足度

おとなの自動車保険の顧客対応満足度については、住所変更だけでも丁寧にインターネットでの仕方を教えてくれたり親切な対応もサービスの強みです。

マイページは見やすく整備されており、申込みの際は、補償内容ひとつひとつの右横にボタンがあり詳しく内容が記載されているのでインターネット上でも親切な対応のようです。

またおとなの自動車保険では問い合わせ窓口が契約者専用をはじめ、事故対応、はじめて相談室という契約検討中の人のための電話番号もフリーダイヤルで設けられています。

おとなの自動車保険の4:事故対応満足度

おとなの自動車保険の事故対応は作業が迅速で丁寧、機械的な対応ではなく、利用者に寄り添ったサービスも強みです。

24時間365日、ロードアシスタント受付デスクでスタッフがサポートしてくれます。

おとなの自動車保険の契約を検討しよう

おとなの自動車保険は、40代50代の保険料を安くするというところだけではなく、基本補償に加えて補償内容や特約を自分でカスタマイズできるというところもとても魅力的なひとつで評判があります。

この機会にぜひおとなの自動車保険を検討してみてください。インターネットで自分の好きな時間に見積もりができます。実際に契約してみると評判の良さが実感できるでしょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ