kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

日用品の様々な節約術とは?リストアップ方法や日用品の買い方6つを解説

2020 10.21

日用品を節約するにはどうすればいい?

日々生活をしていると暮らしに必要となる日用品の節約はどのようにすれば良いのか考えている人も多いのではないでしょうか。

日用品は生活に必ず必要になるため、無駄な買い方を避けたり、活用できるものを選んで買うことが大切です。また、日用品は生活の必需品であるとともに生活自体を支えるものでもあるので、たとえ安価であっても良いものを選びましょう。

それでは、日用品の節約について紹介していきます。

日用品の様々な節約術

日用品の節約にはさまざま方法があります。

生活に必要となる日用品を節約していくには、日用品の在庫を管理しておいたり、必要以上に買い込まないことで金銭的な節約に繋げることができます。まず、日用品を節約していくには月々どれぐらいの物が消費されていくのか把握しておくことが重要になります。

では、具体的な節約術について見ていきましょう。

日用品をリストアップする

日用品の節約術の1つ目に日用品をリストアップする方法があります。

今月なくなりそうなものや在庫のある日用品をリストアップしておき、買い物をすることで無駄な物を買わないで済むので、日用品をリストに書き出し把握することで節約に繋がる場合があります。

常に日用品をリストアップする習慣をつけるようにし、在庫を把握しておくようにしましょう。

今月なくなりそうなものをリストアップする

日用品をリストアップする節約方法に今月なくなりそうなものをリストアップする方法があります。

今月なくなりそうなものをリストアップしておき、まとめて購入しておくことで買い物の回数を減らすことができるので、余計な物を買うことがなく節約して買い物をすることができます。

日々使っている日用品をホワイトボードなどにリストアップしておきましょう。

在庫がある日用品は避ける

リストアップして日用品を管理する場合、在庫がある日用品の購入を避けることも節約していく上で必要なことになります。

リストアップして日用品を管理していく場合、在庫がある物は買わないようにすることで無駄な買い物をしなくて済むので節約に繋がるだけでなく、どのような日用品をよく使うのかが把握できるようになります。

日用品の買い方6つ

日用品のさまざまな節約術の2つ目に今までとは異なった日用品の買い方をしていくことが挙げられます。

ポイント還元に執着して買い物をしてしまったり、1ヶ月の日用品の予算をあらかじめ決めておかないと無駄な物を買ってしまうことに繋がるので、それらのことを注意して日用品を購入していく必要があります。

本来の趣旨である節約に重きを置いて買い物をしていくようにしましょう。

日用品の買い方1:必要以上にストックを持たない

日用品の買い方の1つ目に必要以上にストックを持たないことが挙げられます。

必要以上にストックを持っていても思ったように消費することができない場合があり、多く買い込んでしまうことで無駄遣いになってしまうことがあります。また、必要以上にストックを貯め込まないためにもリストアップや在庫管理をしておきましょう。

日用品を節約していくためには、程よい量を買っていくことが大切です。

日用品の買い方2:プライベートブランドを選ぶ

日用品の買い方の2つ目にプライベートブランドを選ぶことが挙げられます。

スーパーマーケットなどが販売しているプライベートブランドは大手メーカーより安価というだけでなく、クオリティの高い商品が多いので節約したい場合はメーカー品よりプライベートブランドを選んで買うようにしましょう。

プライベートブランドを選んで買っていけば、日用品のクオリティを落とさずに節約することができます。

日用品の買い方3:日用品費の1ヶ月の予算を決める

日用品の買い方の3つ目に日用品費の1ヶ月の予算を決めておくことが挙げられます。

1ヶ月の予算を決めて買い物をすれば、特売品が売っていても必要以上に買い込むことはなくなり、その結果、特売品で購入した日用品が余ってしまうことがありません。無駄な物を買わないためにも1ヶ月の予算を決めておく必要があります。

また、1週間や1日ごとの日用品の予算を決めて買い物をする習慣もつけておきましょう。

日用品の買い方4:ポイント還元に執着しない

日用品の買い方の4つ目にポイント還元に執着しすぎないことが挙げられます。

ポイント還元にばかり気にして買い物をするとクレジットカードを使いすぎてしまうことがあり、その結果、利息や手数料が多くかかってしまうので損をしてしまうことがあります。

本当に必要な物か冷静に判断していくためにも、相談できる家族を連れて買い物へ行くようにしましょう。

日用品の買い方5:詰め替えようを購入する

日用品の買い方の5つ目に詰め替えを購入することが挙げられます。

大容量の詰め替えパックを購入すれば、ボトルで買うより安く買うことができ、長く使うことができます。また、大容量の詰め替えを買う際も特売日のときを狙って買うことで安く購入することができます。

詰め替えを購入する際も、在庫管理をしっかり行い無駄な買い物をしないことが大切です。

日用品の買い方6:特売のボトル入りを購入する場合

日用品の買い方の6つ目に特売のボトル入りを購入することが挙げられます。

特売のボトル入りを購入する場合、どれぐらいお得になっているか知るためにも100mlあたりの単価を計算して買うようにしましょう。

また、店によって特売として売り出すボトル商品が違うので、価格を比較していくためにも単価を計算していく必要があります。

【ジャンル別】日用品の節約方法4選

日用品の節約について興味がある人は、ジャンル別の節約方法について知っておくことで更に日用品の節約を推し進めることができます。

それぞれの日用品に合った節約方法を把握しておくことで、家計の見直しに繋げるようにしましょう。

では、ジャンル別に日用品を節約する場合どうすれば良いのか、それぞれの節約方法について紹介していきます。

日用品の節約方法1:台所用品

台所用品も用途に合わせて節約方法を試すようにしましょう。

台所で使う洗剤は乾麺のゆで汁や小麦粉で代用できるので、洗剤が切れてしまったり、買い物の量を減らしたい場合にはこれらの素材を代用して食器などを洗うようにしましょう。

しかし、台所の日用品は衛生面に気を付ける必要があるので、食器を洗う際の代用品もよく考えて選ぶ必要があります。

日用品の節約方法2:浴室用品

浴室用品も用途に合わせて節約方法を試すようにしましょう。

浴室で使うシャンプーはお茶や炭酸水で代用できるのでシャンプーが切れてしまった際や買い物自体の量を減らしたい場合はこれらのもので代用するようにしましょう。お茶や炭酸水などを代用する場合は、汚れが落ちにくいことがあるので洗った後よく濯ぐようにしましょう。

日用品の節約方法3:衛生用品

衛生用品も用途に合わせて節約方法を試すようにしましょう。

トイレットペーパーはティッシュペーパーやキッチンペーパーで代用できますが、トイレに流れない場合があるので別のゴミとして廃棄するようにします。また、トイレを掃除する際の洗剤は食器用洗剤などで代用することができます。

日用品の節約方法4:洗濯用品

洗濯用品も用途に合わせて節約方法を試すようにしましょう。

洗濯の日用品はボディソープやハンドソープ、食器用洗剤などで代用できるので買い物の量を減らしたい場合や洗濯に使う日用品を切らしてしまった場合はこれらのもので代用して洗濯するようにしましょう。

しかし、ボディソープやハンドソープは泡切れが悪いという欠点があるので、多く入れすぎないように注意しましょう。

日用品の節約術を活用しよう

日用品の節約する際のポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日用品は日々使う物なので多く買い込んでしまったり、在庫があるのに買ってしまうことがあるので在庫をリストアップし、月々に使う量を把握しておく必要があります。日用品を節約する際は、自分に合った節約法を見つけて試していくようにしましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ