kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

イオンのペット保険の特徴5つ|選べる補償プランの内容をご紹介!

2020 10.21

ペット保険とは?

ペット保険は、ペットがケガや病気をしたときにかかる治療費や手術費などを一部補償してくれる保険です。

どんなペットでもケガや病気のリスクはあるものです。ケガや病気に備えられるだけでなく、他人にケガを負わせてしまったときの損害賠償や、ペットが亡くなったときの葬儀費用を補償してくれる商品もあります。

ペット保険の多くは犬・猫が対象ですが、ペット保険によっては犬や猫以外でも加入できるものもあります。

ペットに保険が必要な理由

ペットには人のような公的な健康保険が存在しません。そのため、病気やケガでかかった費用はすべて自己負担となります。

飼育環境や医療技術の向上によりペットも高齢化が進み、それに伴いペットにかかる医療費も増えています。さらに高度治療などを受けることになれば医療費が高額になることが考えられます。

その負担を軽減するためにペット保険の必要性は高いといえるでしょう。

イオンのペット保険はおすすめ?

イオンのペット保険は、ペットの高額な治療費の負担を少しでも軽減できるよう手厚い補償がされています。さらに飼い主に万が一のことが起こった場合にも、ペットホテル費用の補償がついているので、安心できる補償内容だといえるでしょう。

また、4つの補償プランからペットの特性や飼い主の目的に合ったプランを選ぶことができ、さらに安心できるオプションも用意されています。

イオンのペット保険の特徴5つ

ペット保険を選ぶ際に、会社の人気や保険料の安さだけで選んではいけません。ペットにとっても飼い主にとっても最適な保険を選ぶことが大切です。そのためには補償内容を十分に確認する必要があります。

イオンのペット保険がどのような補償内容でどのようなメリットがあるのか、その5つの特徴をご紹介します。

イオンのペット保険

イオンのペット保険の特徴1:手厚い補償内容

イオンのペット保険では、すべての補償プランでペットの通院・手術・入院の費用が補償されています。

高額になりがちな手術費や、長期の入院などをしっかり補償してもらえ、ペットに最適な治療を受けさせることができるでしょう。

また通院での治療費も補償されているので、通院時にかかりがちな検査代や薬代の心配も軽減されます。

イオンのペット保険の特徴2:ペットホテル費用の補償がある

ペットのケガや病気以外にも、飼い主に突然の入院が必要となる場合もあるでしょう。その際のペットホテル費用もイオンのペット保険では補償されています。

ペットホテル費用はペットの大きさによって異なりますが、高額になることもあるので、それが補償されていることは大きな魅力の1つといえるでしょう。

イオンのペット保険の特徴3:9歳までのペットが加入できる

犬や猫は約7歳で高齢期に入り、その寿命は近年高齢化してきています。高齢になればケガや病気を引き起こすリスクも増え、寿命が延びたことによってさらにそのリスクは上がります。

老後に向けて保険を考えたときに、イオンのペット保険なら9歳までの犬や猫が加入でき、一生涯継続することも可能です。

保険に加入する場合には加入の条件がいくつかあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

イオンのペット保険の特徴4:初年度の保険料が割引される

イオンのペット保険はオンラインで申し込みをすると、初年度の保険料が5%割引きされます。

わざわざ窓口まで行って手続きする必要がない上に、保険料もお得になるというイオンのペット保険ならではのおすすめポイントです。

イオンのペット保険の特徴5:ケガのみのプランがある

イオンのペット保険では、ケガの治療費のみを補償してくれる「ケガのみプラン」という補償プランがあります。

ペットに病気があって他のペット保険に申し込むことができない場合に、加入することができのでおすすめです。

イオンのペット保険の補償プラン2つ

イオンのペット保険には「ケガ+病気プラン」と「ケガのみプラン」の2つの補償プランがあります。

ここからは、それぞれの補償内容やメリットと、さらに補償割合で分かれた「70%プラン」と「50%プラン」についてご紹介します。

ケガ+病気プラン

「ケガ+病気プラン」は、ペットのケガや病気でかかった通院・手術・入院の費用や、飼い主に万が一のことが起きた際のペットホテル費用が補償されています。またペットの診断書を書いてもらうときの費用も対象です。

様々な病気に対応したペット保険を必要とされるならこちらのプランがおすすめです。

また2つの補償プランには補償割合の異なる「70%プラン」と「50%プラン」とがありますが、それぞれの限度額や保険料でメリットも変わってきます。

70%プラン

1回のケガまたは病気に対する治療費の70%が補償されるプランで、補償額や限度額が「50%プラン」に比べて高額になります。

大型犬のように1回の治療費がかなり高額になる場合には限度額が高い方が、治療費の自己負担はより軽減されます。

また病気になるリスクが高い高齢のペットであれば、通院や入院の日数が増えることが考えられるのでこちらのプランがおすすめです。

50%プラン

1回のケガまたは病気に対する治療費の50%が補償されるので「70%プラン」に比べて補償額や限度額は減りますが、その分保険料が安くなります。

高齢になってからより増加する病気のリスクに対して、なるべく低コストで備えたいのであればこちらのプランがよいでしょう。

また大型犬に比べて小・中型犬や猫が長生きであることを考えれば、その分保険料の支払いが長くなることが予想されます。その場合には保険料が安いことはメリットとなるでしょう。

ケガのみプラン

「ケガ+病気プラン」と同様の補償が受けられ、ペットに病気があっても「ケガのみプラン」であれば加入することができます。ただし、ペットの病気に関する治療費・手術費などに関しては保険対象外となります。

またペットがまだ若くて病気よりもケガが心配な場合など、最低限の補償だけでいい場合はこちらのプランでよいでしょう。

安い保険料で、年齢が上がっても保険料は変わらず、犬種による保険料の違いもないところもこのプランの魅力の1つです。

その他のオプション

イオンのペット保険には、「個人賠償責任保険」と「ペット葬祭費用保険」の2つのオプションがあります。

「個人賠償責任保険」は、ペットが他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたことで法律上の賠償責任が飼い主に生じた場合の補償で、「ペット葬祭費用保険」はペットが亡くなったときに行った葬儀費用の補償です。

賠償にかかる費用はかなり高額になる可能性があります。ペットとはいえ、備えておくと万が一のときの費用の心配は軽減するでしょう。

イオンのペット保険の申込み方法

イオンのペット保険に申し込むには、全国のイオンショッピングセンター内にある「イオンのほけん相談」というショップの窓口で申し込む方法と、Webから申し込む方法があります。Webからの申し込みであれば初年度の保険料の割引があります。

どちらの場合でもイオンマークのカード会員でなければなりません。

保険期間は1年間

保険期間は1年となっており、保険期間満了日までに保険会社から届く継続案内の書類により解約の通知をしない限りは、毎年自動更新となります。

また保険期間満了日の翌日の時点でのペットの満年齢に対応する保険料が適用されます。「ケガのみプラン」の場合は変わりません。

イオンのペット保険を検討しよう

イオンのペット保険は、飼い主に何かあった場合のペットホテル費用の補償があったり、「ケガのみプラン」のように病気があっても加入できるプランがあったりと、イオンのペット保険ならではの補償があるところが魅力です。

お手頃な保険料で充実した補償を受けられ、ペットの種類や年齢に合ったプランを選ぶことができ、さらにオンライン申し込みが可能で、お得な割引もあります。

また全国に数多くイオンショッピングモールがあることから直接窓口に相談しに行きやすいこともメリットといえます。

安心の補償に加えて、他にも様々なメリットがあるイオンのペット保険なら、大切なペットに最適なプランがきっとみつかるでしょう。この記事を参考に、ペットに最適なプランを選びましょう。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ