kinple金融(kinyu-)の世界をsimpleに

クレジットカード支払い可能な公共料金3つ|クレジットカード払いするときの注意点

2021 12.9

クレジットカードで公共料金を払うメリット2つ

クレジットカードを使って公共料金を支払っていくことを検討している人は、利用することでどのようなメリットを得られるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

公共料金や税金をクレジットカードで支払いをすることでクレジットカードにポイントが付与される場合があるので、受け取ったポイントを生活や趣味に活用していくことができます。また、クレジットカードを使えば公共料金の支払いを一元化できるので、支出管理が容易になります。

1カ月の公共料金をまとめてチェックできる

公共料金をクレジットカードによって支払いにするメリットに1カ月分の公共料金をまとめてチェックできる点が挙げられます。

クレジットカードを使って公共料金を支払うようにすることができれば、1カ月分の光熱費や生活にかかる費用をWeb上で一元化して確認することができるため、そのまま家計管理に役立てることができます。

着実にポイントがたまる

公共料金をクレジットカード支払いにすることのメリットに着実にポイントを貯めていける点が挙げられます。公共料金や税金などは生活に必要な固定費となるので、公共料金を支払う方法をクレジットカードに変えることでポイントを貯めることが可能になります。

クレジット会社によってポイントの活用法が異なるので、自分の生活スタイルに合わせてクレジットカードを選んでいくことが大切です。

クレジットカード支払い可能な公共料金3つ

クレジットカードでどのような公共料金を支払っていけるのか興味のある方が多いのではないでしょうか。

電気代やガス代などの光熱費だけではなく、水道料金、通信費もクレジット払いで支払うことができます。

クレジット払いにすることで料金の滞納などが発生しにくく、またポイントを貯めていくことができるのでクレジットカード払いを活用すればさまざまなメリットを得ることができます。

払える公共料金1:光熱費

クレジットカードで支払い可能な公共料金に光熱費が挙げられます。

ガス代や電気代といった光熱費をクレジットカード使用して払うことが可能になっているだけでなく、Web上で月々の利用料金を把握することができるようになっているので電力消費の少ない家電の買い替えを検討したり、ガスの使い方を見直す機会を持つこともできます。

払える公共料金2:水道料金

クレジットカードで支払い可能な公共料金に水道料金が挙げられます。

水道料金もクレジットカード払いができるので利用料金の滞納をする機会を減らすことができたり、他の公共料金と同じように使用料を一元化して管理できるため、水の使い方を見直しながら生活していくことも可能になります。

また、クレジットカードで水道料金を支払うことで特典を得られる地域があるので、自分の住んでいる地域が該当するか調べておきましょう。

払える公共料金3:通信費

クレジットカードで支払い可能な公共料金に通信費が挙げられます。

電話料金やインターネット通信費もクレジットカード払いができるので、一元化された利用料金を見ながらプランを変更する際の参考にすることができます。

カードで払える公共料金以外の料金6つ

公共料金以外をクレジットカード払いにできるのは税金や保険料の支払いです。

法人税や所得税といった一般的な税金の支払いから、社会保険料、生命保険料、自動車保険料もクレジットカード払いが可能な場合があり、公共料金のように支払った分を一元化できるので保険料の見直しがしやすくなっています。

ここでは、税金や保険料をクレジット払いにすることでどのようなメリットを得ることができるか紹介していきます。

クレジットカード払いが可能な料金1:法人税

クレジットカード払いできる料金の1つ目に法人税が挙げられます。

法人税は法人が事業を行う上で必ず支払っていく固定費です。クレジット払いにしておくことで24時間いつでも支払うことができるなど効率的に業務ができるようになります。

法人税

クレジットカード払いが可能な料金2:所得税

クレジットカード払いができる料金の2つ目に所得税が挙げられます。

仕事をしていて所得があれば支払う税金なので、その税金をクレジット払いにしておけば着実にポイントを貯めていくことが可能です。また、貯めたポイントを生活にかかる際の費用に使うことができれば生活費の削減を行うことができます。

所得税

クレジットカード払いが可能な料金3:生命保険料

クレジットカード払いできる料金の3つ目に生命保険料が挙げられます。

生命保険会社に支払う保険料もクレジットカード払いができる場合があるので、税金の支払いのときのようにポイントを貯めることができ、また、残高不足になっていなければ保険料を自動的に支払うことができるので保険の契約を失効させてしまう心配もなくなります。

ただ保険会社によってクレジットカード払いができない場合もあるので、保険会社に確認するようにすると良いでしょう。

クレジットカード払いが可能な料金4:社会保険料

クレジットカード払いできる料金の4つ目に社会保険料が挙げられます。

国民健康保険や国民年金の支払いもクレジットカード払いができるので、支払うためのお金がカードに残っていれば料金の滞納などを引き起こす心配がなくなります。

また、他の税金や公共料金と同様にポイントを貯めていけるので、趣味に使うことができたり、生活必需品を買う際の足しにすることもできます。

クレジットカード払いが可能な料金5:損害保険料

クレジットカード払いできる料金の5つ目に損害保険料が挙げられます。

クレジットカードで損害保険を支払っていくことができれば、料金を滞納する機会が減り、何か損害を被ったり、支払う機会ができても即座に対応することができます。

クレジットカード払いを選択することで料金の滞納や保険の失効を避けるようにし、万が一の損害に対応できるようにしておくとよいでしょう。

クレジットカード払いが可能な料金6:自動車保険料

クレジットカード払いができる料金の6つ目に自動車保険料が挙げられます。

自賠責保険や任意保険といった自動車保険料もクレジットカード払いができれば、各種保険に加入していかなかったというミスがなくなるので、事故が起きても保証することができたり、自動車保険に未加入になっていることで違反になる機会も減ります。

クレジットカードで公共料金を支払いたいときの申し込み方法

クレジットカードで公共料金を支払いたいと検討している人は、どのような方法を取れば良いのかご存じでない方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードを使って公共料金を支払うためには、公共料金の窓口から申し込む方法と各カード会社のホームページから申し込みをすることで公共料金を支払うことができるようになります。

ここではクレジットカードを使用して公共料金を支払いをする際の申し込み方法について紹介していきます。

公共料金の窓口から申し込む場合

クレジットカードを使って公共料金を支払う際、窓口で申し込みを行う必要があります。

電気やガスといった公共料金はインターネットからも申し込みができますが、ガス会社、電気会社からクレジットカード支払いの申込書を取り寄せ、ガス会社や電気会社本部へ送ることでも申し込めます。

また、各種税金の支払いは税務署の窓口ではなく、「国税クレジットカードお支払いサイト」にアクセスし申し込む必要があります。

国税庁 クレジットカード納付のQ&A

各カード会社のホームページから申し込む場合

各カード会社のホームページからクレジットカード払いで公共料金を支払うことができます。

各カード会社のホームページに備え付けてある公共料金支払いの申し込みフォームから自分の氏名や住所、勤務先、使っているカードの情報などを打ち込めばクレジットカードで公共料金が支払えるようになります。

書類で申し込む際は申し込み書類を郵送で取り寄せて、必要事項を記入し提出すればクレジットカード払いが利用できます。

JCB JCBカードの基本 公共料金・携帯電話料金など毎月のお支払い

公共料金をカード払いに変えるときの注意点

公共料金をクレジットカードに変えるときに注意しておかなければならない点があります。

クレジット払いをする際は、残高が不足になっていると公共料金を支払うことができないので、カードの残高に注意するようにして公共料金や税金を支払うようにしていきましょう。

残高不足に注意!

支払方法をクレジットカード払いに変える場合の注意点に残高不足に注意しておくことが挙げられます。

クレジットカードが残高不足になっていると公共料金や税金を支払っていけなくなるので、カードの利用可能額を把握しておき、クレジットカードを使っていく必要があります。

公共料金や税金を一元化して見ることができる点を活かし、しっかり家計の管理をするようにしてカード自体が残高不足にならないように注意しておきましょう。

公共料金をクレジットカード支払いしよう

クレジットカードで公共料金や税金を支払うことで得られるメリットや注意点について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

公共料金をクレジットカード支払いが可能であれば、ポイントが付与されるだけでなく滞納する機会が減るので保険を失効させてしまう心配もなくなります。また、支払った公共料金を一元化できるので固定費の見直しに役立てることも可能です。

クレジットカードを使用して公共料金を支払うことを検討してみてはいかがでしょうか。

将来設計に関するご相談はセカオピへ!

セカオピでは、お客様一人一人の投資目的や人生設計目標をヒアリングや生活設計に合う不動産投資の情報を提供し、会社員の副業を支援しています。

セカオピのメリットは、お客様一人一人のライフプランに沿った「家計シュミレーション」を作成し、ライフプランにおけるリスクの最小化を図ります。

また、不動産業界初の販売会社からの提案ではなく業界初のお客様の「欲しい」から逆算した会社選びをサポート致します。無料相談も承っているので気軽に相談してみてください。

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

本記事の監修

松澤 健一郎

松澤 健一郎
代表ファイナンシャルプランナー

全国に店舗を持つ大手金融機関で年金、投資信託の営業として15年間勤務。 国際基準のFP資格であるCFP®や証券外務一種など多数の資格を持ち、将来設計の相談実績は15,000件以上。 的確なアドバイスや対応の迅速さが評価され、社長表彰や全国表彰の受賞歴多数。 その他、セミナー講師の甲子園と呼ばれる“セミコングランプリ2017”では全国2位入賞。 会員数40万人オンラインスクールサービス「Schoo」にて金融リテラシー入門講座の講師を担当。

▼経歴 2004年 某大手金融機関入社 2019年 株式会社ノークリー入社
▼資格 CFP/証券外務員一種/内部管理責任者/ライフコンサルタント

ページの先頭へ